日旅連、マレーシアで初の商談会開催

  • 2017年8月19日

 日本旅行協定旅館ホテル連盟(日旅連、桑島繁行会長=北海道・知床グランドホテル北こぶし)は7月28日、マレーシア・クアラルンプールで現地旅行会社との商談会を行った=写真。日旅連から16施設、マレーシアから20社、33人が参加。1対1の商談と、日本の観光モデルコースを説明するセミナーを行った。

 日旅連は毎年台湾で現地旅行会社との商談会を行っているが、マレーシアでは初めて。連盟の“アジア戦略”の一環として、9月に「マレーシア旅行博MATTA Fair」が開かれるクアラルンプールで、同博に先駆けて行った。

 事業は日旅連営業推進委員会のインバウンド部会が中心となり推進。セミナーでは同部会の山本剛史部会長(群馬県・㐂びの宿高松)の主催者あいさつに続き、日旅連12支部連合会ごとの観光モデルコースを現地スタッフが説明。

 引き続き日旅連の各施設とマレーシアの旅行会社が1対1形式の商談を行った。

 「マレーシアの旅行会社が日本の旅館と直接商談をするのは初めてではないか」(日旅連)。参加した旅行会社からは「日本の観光はこれまでゴールデンルートがメインだったが、もっと幅広く売っていきたい」との声が多く聞かれた。

 日旅連は今後もインバウンド事業をさらに深度化して進める方針という。

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram