日光市、新ブランディング推進 若年層に訴求

  • 2022年7月7日

右から順に小松竜也・観光経済部観光課課長補佐、上中副市長、積田朋子・観光経済新聞社社長、山越秀克・観光経済部部長

 栃木県日光市の上中哲也副市長と観光経済部は6月17日、東京・池之端の観光経済新聞社を訪問し、同市が推進する新ブランディング戦略「NEW DAY’NEW LIGHT.日光」などについて、実施意図や今後の展開などを説明した。

 上中副市長は「日光市は、歴史と伝統に彩られた『和』のイメージが強いが、旅行者を対象にアンケートを取ると『おしゃれ感や目新しさが足りない』との声も多い」と現状を分析。今回のブランディング戦略の狙いについて「温故知新の考えに立ち、伝統を重んじながら、新しい姿も模索し、SNSなどでの情報発信力で強い若年層に訴求していきたい」と述べた。

 同市は、「NEW DAY’NEW LIGHT.日光」をメインコンセプトとし、その下に各種プロジェクトを設定し、実践している。既に進行中の第1弾観光プロジェクト「Route’N」では、長短のPR動画を作成し、YouTubeやTverなどのオンライン動画配信サービス内でスポットCMとして流すなど、同コンセプトの周知を図った。都内の地下鉄の駅構内にPR用媒体を掲示するなど、東京都内でのプロモーションにも注力した。

 また、上中副市長は第2弾として「食のプロジェクトの立ち上げを考えている」と述べた。「日光には、湯波、ようかんなど既に世間に認知された老舗の逸品が存在するが、それらのブランド力に頼ってきた一方で、常に目新しさや話題性が求められている時代の中で、プラスワンの新たな魅力を生み出すことが必要であるとの考えに至った」と説明。

 その上で、「既存のブランド品は今後も日光の宝として大事にしつつ、若年層により強く届くような新たなコンテンツ造成を図りたいとの発想から、日光のもう一つの顔である『洋』に着眼した。大使館別荘が立ち並び、異国情緒漂う中禅寺湖エリアを発信拠点に、チョコレートを素材に新たな誘客ターゲットを取り込むチャレンジを進めていく」との考えを明らかにした。


右から順に小松竜也・観光経済部観光課課長補佐、上中副市長、積田朋子・観光経済新聞社社長、山越秀克・観光経済部部長

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram