日中国交正常化35周年の記念事業締めくくる交流会、北京で開催

  • 2007年12月15日

 日中国交正常化35周年記念交流事業を締めくくる交流会が8日、中国・北京市の人民大会堂で開かれた=写真。国土交通省と中国国家旅游局の主催。日本側は冬柴鐵三・国土交通・観光立国担当相、二階俊博・自民党総務会長をはじめ約150人、中国側は邵偉・国家旅游局長ら約250人が出席。両国の関係者が一堂に会し、相互訪問の成果などを確認した。

 日本側は、「日中関係を発展させる議員の会」から二階氏のほか、愛知和男・自民党観光特別委員長ら。御手洗冨士夫・日本経済団体連合会会長をはじめ、旅行業、運輸の企業トップらも多数参加した。文化界からは新日中友好21世紀委員会委員で作家の石川好氏、タレントのみのもんた氏らが出席した。

 交流会では、冬柴大臣、邵局長らが交流の成果を強調。両国政府は今回の交流事業に貢献した観光、運輸の関係者などに記念のトロフィーを贈った。
 35周年の交流事業では、日本からの訪中団が合計で約2万4700人に上った。団体や自治体、企業などが、直行便が就航している中国19都市を訪ね、交流事業を繰り広げた。中国からも約1万2千人が訪日。双方の交流規模は3万人を超え、当初の計画を上回った。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram