旅館業法違反の可能性で指導、2017年は全国で5255件 住民通報などが端緒

  • 2018年11月9日

 厚生労働省はこのほど、旅館業法違反の可能性があるとして、2017年度に全国で実施された指導、調査などの件数が5255件だったと発表した。住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行前で違法民泊などへの問題意識が高まった16年度の1万849件から半減したが、18年3月末時点で違反の可能性がある事案の総数は、年度を越えて指導継続中の事案を含めると8134件に上る。

 全国の都道府県、保健所設置市、特別区を対象に調査した結果。

 17年度に実施した指導、調査など5255件のうち、指導などを受けて営業許可を取得した件数は180件で全体の4%だった。営業を取りやめた件数は1279件で全体の24%。この他に、営業者と連絡が取れないなど調査中の件数が2632件、指導継続中の件数が801件。

 指導、調査の実施に至った経緯は、「近隣住民・宿泊者などからの通報」が2852件で全体の54%を占めた。「保健所の巡回指導など」が1104件、「警察・消防など関係機関からの連絡」が360件などだった。

 18年3月末時点で違反の可能性がある事案8134件のうち、「営業者と接触し、指導中」の事案は1081件にとどまり、「営業者との接触を試みているが、連絡がとれない」という事案が5198件に上っている。

関連する記事

SAVORJAPANは、農泊を推進している地域にあって、農林水産物を使った「食」を核に、景観などの観光資源を組み合わせて観光ルートを設定、「SAVORJAPANブラン…

続きを読む

総務省はこのほど、サービス産業動向調査の10月分速報を公表した。同月の宿泊業(旅館・ホテル、簡易宿所、下宿業)の売上高は4739億7800万円で、前年同月比2.6%減と2カ…

続きを読む

円滑な出入国や滞在環境の整備に充当 外国人、日本人の出国ごとに千円を徴収する国際観光旅客税の徴収が7日に始まった。政府の2019年度予算案には、国際観光旅客税を財源とする…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube