旅館協会北海道、2月の宿泊人員は前年比2%減

  • 2019年3月26日

 日本旅館協会北海道支部連合会は11日、会員旅館を対象に実施している宿泊実績調査の2019年2月の結果をまとめた=表。前年同月の実績に対して宿泊人員が1.8%減、売り上げが3.0%増となった。

 道内の主な観光地、温泉地14地区に所在する103軒が回答した。

 宿泊人員の内訳では、国内客が4.4%増となったが、訪日客は10.1%減となった。

 9月に起きた北海道胆振東部地震などの影響を受けていた訪日客の宿泊人員は18年12月には前年同月比がプラスに転じていたが、19年1月の1.0%減に続き、2カ月連続でマイナスだった。

関連する記事

インテージは15日、「北海道ふっこう割」などに関する調査の結果を発表した。 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下インテージ)の札幌事業…

続きを読む

渋谷区観光協会公式土産「渋谷酒:渋谷のハチ公でえんつなぎ」が 本日4月19日、東急百貨店東横店で発売される。試飲会も開催する。 一般財団法人渋谷区観光協会(所在地:渋谷区…

続きを読む

日光国立公園をむすぶ観光路線バス「日光・那須 満喫ライナー」が、4月26日〜5月13日の毎日運行される。 2017年春より5回目の運行となる「日光・那須 満喫ライナー」、…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube