旅館・ホテル20年年度営業軒数は5万703軒 前年比301軒減

  • 2022年2月7日

 厚生労働省は2月1日までに、2020年度の生活衛生関係施設数をまとめた。それによると、20年3月末現在の「旅館・ホテル営業軒数」は5万703軒で、前年と比べ301軒減った。対して、客室数は173万9124室で、同3万2046室の増加。

 旅館業法改正(18年6月施行)で旅館とホテルの営業種別が統合され、「旅館・ホテル営業」となったため、17年度まであった旅館とホテルの軒数や客室数は示されなくなった。

 ちなみに、17年度の旅館軒数は3万8622軒で、客室数は68万8342室、ホテルは1万402軒、90万7500室となっている。

 20年度の「旅館業」全体の軒数は8万9159軒、19年度比176軒増。旅館・ホテル営業と下宿営業は減っているものの、簡易宿所営業軒数(3万7847軒)が同539軒増となっており、全体を押し上げた。一般住宅などに観光客らを泊める住宅宿泊事業法施行で簡易宿所は増加傾向にあり、かつての旅館軒数に迫る勢いだ。

ペイウォール会員向け記事です。

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram