旅館のネット経由予約が増加傾向

  • 2009年9月12日

 コンサルタントのリョケンはこのほど、全国の旅館を対象に、ネット予約・検索対策の状況調査を行った。それによると、宿泊予約の経路は電話などの直接予約、旅行会社経由が依然多いものの、自館のホームページ(HP)やネットエージェントなど、インターネット経由の予約が増えている状況が改めて示された。ネット経由の予約は、小規模施設ほど増加が顕著になっている。

 直近1年間(08年)の宿泊予約経路の構成比率を聞いたところ、回答者の平均は、直接予約が34.7%で最も多く、以下、大手旅行社25.4%、中小旅行社17.0%、ネットエージェント13.7%、自館HP9.3%の順。

 施設の規模別では、大規模旅館(客室100室以上)は、大手旅行社が37.2%と最も多く、次に直接予約の24.6%。ネットエージェントは8.8%、自館HPは6.2%にとどまる。

 中規模旅館(客室31〜99室)は、直接予約が31.4%で最も多く、2番目が大手旅行社の27.6%。ネットエージェントは11.4%、自館HPは7.2%で、比率は大規模旅館より高い。

 小規模旅館(客室30室以下)は、直接予約の比率がさらに高まり、44.9%に。次に多いのはネットエージェントの19.9%で、大手旅行社(16.1%)より多い。自館HPも14.1%と、大手旅行社に迫っている。

 今回の調査結果を前回の07年3月調査と比較すると、回答者全体では、直接予約の割合が7.9ポイント減少した。半面、ネットエージェントは6.8ポイント、自館HPは1.9ポイント、それぞれ数字を伸ばしている。大手旅行社は0.4ポイント増と、ほぼ横ばい。

 ネット予約の増加は特に小規模旅館が顕著で、ネットエージェントは9.6ポイント、自館HPは3.2ポイント、それぞれ前回調査から数字を伸ばしている。

 調査では旅館の検索対策も聞いた。検索サイトで自社を上位に表示させるSEO(検索エンジン最適化)の対策状況は、「ある程度は考えて対策している」が59.3%で最も多い。以下、「あまり(ほとんど)行っていない」19.8%、「かなり力を入れて行っている」13.6%、「全く行っていない」7.4%。9割を超す施設が何らかの対策を行っている。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram