新潟県、「新潟ガストロノミーアワード」創設

  • 2022年9月12日

 新潟県は7日、「新潟ガストロノミーアワード」を創設した。

記者発表会の様子。左からローカル・ガストロノミー協会の岩佐代表理事、新潟県観光協会の早福常務理事、新潟ガストロノミーアワードの中村特別審査委員長、新潟ガストロノミーアワードの島村事務局長記者発表会の様子。左からローカル・ガストロノミー協会の岩佐代表理事、新潟県観光協会の早福常務理事、新潟ガストロノミーアワードの中村特別審査委員長、新潟ガストロノミーアワードの島村事務局長

 公益社団法人新潟県観光協会と一般社団法人ローカル・ガストロノミー協会は、ガストロ ノミーツーリズム推進の一環として、地域の風土、歴史や文化を表現する「ローカル・ガストロノミー」の理念を体現し、地域社会との関わりに積極的な新潟県内の優れた店や企業を、 審査・選出・表彰する「新潟ガストロノミーアワード」を2022年9月7日に創設しました。

新潟ガストロノミーアワードのロゴ新潟ガストロノミーアワードのロゴ

 このアワードは「料理の美味しさやレストランのクオリティ」だけを評価するのではなく、「地域の食、さらに食に携わる関連産業などとの連携・取り組み」「サスティナビリティ」「フィロソフィー」等を総合的に評価します。作り手と食べ手、そして生産者で大きな輪を作り、「食」による地域経済循環を目指し、同時に、新潟が日本有数の食文化県であることを世界へアピールすることが目的です。

  • 応募要項

地域の⾵⼟、歴史や⽂化を料理に表現する「ローカル・ガストロノミー」。この理念を体現し、地域社会との関わりに積極的な新潟県内の飲⾷店や宿泊施設、お酒やお⼟産品等を発掘し、「料理の美味しさやレストランのクオリティ」だけを評価するのではなく、「地域の⾷、さらに⾷に携わる関連産業などとの連携・取り組み」「サスティナビリティ」「フィロソフィー」等を総合的に評価できる飲食事業者・特産品を募集します。

応募期間:令和4年9⽉7日〜11⽉末(予定)
応募資格:個人・法人・年齢・国籍、自薦他薦を問いません。
ほか、応募方法などの詳細はwebサイト(http://www.niigata-gastronomy-award.jp/)をご確認ください。

  • 審査の流れ

①飲食店、旅館・ホテル、特産品の3部門で11月末まで自薦、他薦による一般応募を受け付けるとともに、特別審査員9人とローカル審査員5人が選ぶ事業者と合わせて一次審査を行います。

②一次審査通過者を対象に二次審査を行い、飲食店部門100、旅館・ホテル部門と特産品部門はそれぞれ30を選定し、来年2月中旬ごろ発表します。

③さらにそのなかから各部門1点の大賞のほか特別賞を決め、3月上旬にガストロノミーに関するシンポジウムを兼ねた授賞式「Niigata Gastronomy Award」を開いて受賞者を発表、表彰します。

 

 

  • 「新潟ガストロノミーアワード」webサイト

https://www.niigata-gastronomy-award.jp/

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram