新型コロナ、9割が「経営の影響大」 国際観光日本レストラン協会が調査

  • 2020年3月25日

 新型コロナウイルスの影響は飲食店などにも及んでいるが、国際観光日本レストラン協会が会員施設を対象に調べたところ、9割超が「経営への影響は多大」と回答したことが分かった。

 調査は4~10日に実施、70店から回答があった。それによると、2月の売り上げは「(対前年)マイナス40%」と答えたのが55店あったが、3月は「マイナス41~60%」が26店と最も多く、「マイナス61~70%」が14店、「マイナス71%以上」も12店あった。

 経営の影響を聞いたところ、給与や取引先への支払いなどの資金繰り、営業面では外国人観光客の減少のみならず、「歓送迎会、接待需要が低下している」ことを挙げている。

 そのほか、「接客、調理人用のマスクが不足」「パートの雇用維持が困難。クローズ期間の設定を検討中」「予約を見込んで仕入れた食材のロスも相応に発生する見込み」などの声がある。

 一方で、「高級弁当の配達を開始、オフィスでの送別会などの需要がある」と、マイナスをプラスに変えている店も。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube