文化観光支援に23億円 文化庁の概算要求

  • 2022年9月15日

 文化庁は、2023年度予算の概算要求で、文化観光推進法で認定された計画に基づく取り組みを支援する事業に23億3200万円を計上した。22年度当初予算額は20億7千万円。博物館、美術館、社寺、庭園などの地域の文化観光拠点となる施設の魅力向上、地域の2次交通やキャッシュレス化など受け入れ態勢の整備を支援する。

 事業の名称は、「文化観光拠点施設を中核とした地域における文化観光推進事業」。文化振興、観光振興、地域活性化の好循環を目指している。文化観光推進法が20年5月に施行されたことを受け、20年度から実施されている。

 施設の魅力向上や地域の受け入れ態勢整備に対して補助金を交付する。補助事業として55カ所程度を対象に21億1300万円を要求。加えて、専門家の派遣や好事例の収集、セミナーの開催などに2億1900万円を計上している。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram