政府3月から水際措置緩和 観光目的は対象外

  • 2022年3月2日

 政府は2月17日、新型コロナウイルス対策の水際措置を3月から緩和すると発表した。検査の陰性確認や3回目のワクチン接種を条件に入国者の待機期間を短縮または免除し、外国人の新規入国も再開する。ただし、観光目的の入国は緩和の対象外。インバウンドの再開について斉藤鉄夫国土交通相は18日の会見で、今後の国内外の感染状況などを踏まえて政府全体で検討すると説明した。

 緩和の内容は、入国後の待機期間は原則として7日間だが、入国後3日目の検査で陰性が確認できれば待機を解除する。感染リスクが低い国からの入国については、3回目のワクチン接種が完了した入国者は待機を免除する。

 外国人の新規入国では、ビジネス目的の入国や留学生、技能実習生らの入国について、受け入れ責任者の管理のもとで認める。受け入れ企業・団体の申請手続きは、オンラインで完結できるよう簡素化する方針。

ペイウォール会員向け記事です。

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram