政府、Go To トラベルの事務局決定  協力団体に宿泊業団体やOTA

  • 2020年7月16日

 国土交通省、観光庁は10日、新型コロナウイルス感染症の経済対策として実施する国内旅行の需要喚起事業「Go To トラベルキャンペーン」の運営事務局の委託先が、日本旅行業協会(JATA)など7団体で構成するツーリズム産業共同提案体に決まったと発表した。

 事業者からの企画提案書の提出が6月29日に締め切られ、5件の応募の中から企画競争を経て選定された。ツーリズム産業共同提案体の構成団体はJATAのほか、全国旅行業協会(ANTA)、日本観光振興協会、JTB、KNT―CTホールディングス、日本旅行、東武トップツアーズ。協力団体として全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会、日本旅館協会、日本ホテル協会、全日本シティホテル連盟、リクルートライフスタイル、楽天、ヤフーが名を連ねている。

 国交省によると、公募の際に提示した事務委託費の上限額は約2294億円だったが、選定したツーリズム産業共同提案体が示した額は約1895億円で約400億円の減額を見込む。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram