政府、豪雨対策「ふっこう割」対象に徳島・香川を追加 要件も緩和

  • 2018年9月16日

 政府は7日、西日本豪雨の被災地域の観光需要を喚起する補助制度に、今年度予算の予備費から2億6600万円を追加することを決定した。現行の「ふっこう周遊割」の対象エリアに徳島県、香川県を追加する。宿泊料金が割引となる要件「2府県以上で2泊以上」も緩和して、1府県でも2泊以上した場合に適用するよう変更する。

 国の7月豪雨観光支援事業費補助金を活用した事業。対象は災害救助法を適用した岡山、広島、愛媛、岐阜、京都、兵庫、鳥取、島根、山口、高知、福岡の11府県だったが、四国への訪問の窓口となる徳島県、香川県を追加する。徳島、香川の両県では1人1泊当たり4千円割引とする。

 また、割引適用の手続きについても、旅館・ホテルでの宿泊料金の精算時にその場で割引できるように緩和し、訪日外国人を含めて旅行者に利用しやすくする。

関連する記事

内閣府がこのほど公表した景気動向指数(CI、2010年=100)の9月分改訂値は、景気の現状を示す一致指数が114.4と、前月比1.2ポイント低下した。先に公表の速報値か…

続きを読む

政府はこのほど、11月の月例経済報告を決定した。景気の基調判断は「緩やかに回復している」と、前月の判断を据え置いた。同様の判断は11カ月連続。項目別でも、前月の判断をほぼ…

続きを読む

観光庁はこのほど、スノーリゾート地域の活性化に向けたモデル事業として、秋田県と新潟県で実施される2件を選定した。訪日外国人のスノーリゾートへの誘客、日本人のスノースポーツ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube