政府、訪日客の安全確保に対策 災害時の情報提供など強化

  • 2018年10月11日

 政府の観光戦略実行推進会議は9月28日、台風21号や北海道胆振東部地震に際して外国人旅行者への情報提供が不十分だった問題への対応として、「非常時の外国人旅行者の安全・安心確保のための緊急対策」を決定した。多言語対応のコールセンター、災害情報を通知するスマートフォン向けアプリ、鉄道や空港の情報提供などの機能、態勢を早急に強化する。

 日本政府観光局(JNTO)の外国人旅行者向けコールセンターを通年・24時間態勢とし、英語、中国語、韓国語で対応できるよう10月中にも新たな体制を確立する。また、災害時にはJNTO内に情報発信の司令塔となる対策組織を設置し、ウェブサイトで情報を随時更新できるようにする。

 アプリの活用では、JNTOの外国人向け観光情報アプリと、観光庁の災害情報提供アプリ「Safety tips」を機能統合し、災害発生情報のプッシュ型通知の拡大、災害時に必要な各種案内の強化を順次進める。2018年度内には作業を完了させる。

 JNTOの認定を受けた全国各地の外国人向け観光案内所の態勢も強化を促す。非常用電源や携帯電話の充電機器の整備などを支援する。

 災害時の交通機関の情報提供も改善を目指す。新幹線の車内や駅での外国語での案内を強化。空港では、多言語で応対可能な職員の確保、航空会社やテナントを含めた空港内の協力態勢の構築などに主要7空港から取り組む。

関連する記事

総務省はこのほど、サービス産業動向調査の3月分を公表した。同月の宿泊業の売上高は前年同月比6.6%増の4631億7100万円と、3カ月連続で増加した。サービス産業全体は同…

続きを読む

全旅連青年部(鈴木治彦部長=岡山県・名泉鍵湯奥津荘)は5日、茨城県水戸市の水戸プラザホテルで50周年記念大会を開いた。現役と歴代の青年部員らが参加。次世代の経営者として研…

続きを読む

全旅連は4日、茨城県大洗町の大洗ホテルで通常総会を開き、多田計介会長2期目の新体制を承認した。2019、20年度は五つの専門委員会を設置。中小規模の宿泊施設の活性化策を議…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube