攻勢強めるAカード、日本一に挑む

  • 2009年9月30日

田中社長

田中社長

宿泊金額に対してポイントが加算され、獲得ポイント数に応じてフロントにて「現金でキャッシュバック」のサービス特典が与えられる「Aカード」。現在、全国150軒以上の独立系ホテルが加盟し、ユーザー登録数は15万2千人を数える。その運営会社であるAカードホテルシステム(東京都千代田区、田中章生社長)は11日、Aカードを導入する加盟ホテル経営者らを東京に招き「Aカードトップ会」を開催した。トップ会は、Aカードの事業報告などを行う一方、加盟ホテル間の親睦を図る目的もあり、毎年、開かれている。

 トップ会当日は、事業報告に加え、加盟ホテルの経費アンケートを基にした分析結果の発表、ユーザーを対象にしたホテル利用実態のアンケート結果の発表、売り上げ向上と経費削減対策を話し合うグループワークなどを行った。

 田中社長は、「大手チェーンに対抗するためには規模の拡大が必要。日本一の組織にするために今後2年以内に加盟数を300ホテルまで増やす」などと抱負を述べた。

 今後の事業計画としては、ユーザーの利便性を高めるために、10月中にAカードのホームページをリニューアルすることと、予約まで受け付ける携帯サイトを10月上旬に開設することを報告。加盟ホテルに向けては、(1)ガイドブックを3カ月ごとに更新するなど、販売促進ツールを充実させる(2)会員獲得キャンペーンなど販売促進企画を立案し、実行する(3)グループ会社であるホスピタリティパートナーズグループを挙げてのトータルサポートについて説明した。

 Aカードの特徴はホテル側の導入費用が安く、またカードの発行からポイント管理、顧客データの集計・分析、帳票出力までAカード事務センターが支援し、ホテルスタッフのオペレーション上の手間を軽減する、などがある。

 独立系ホテルは全国規模での宣伝力、ネットワークが弱く、大手チェーンホテルの知名度に及ばない。そういった弱点を克服するためにAカードでは、インターネットやDMなどを使いネットワークホテルの共同広告宣伝活動を積極的に展開し、情報を日本全国へ発信している。

田中社長
田中社長
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram