手荷物輸送の大栄運送 教育旅行の9割がリピーター

  • 2022年9月11日

 千葉県船橋市を拠点に貨物輸送事業を全国展開する大栄運送(山本龍二社長)。トラベル事業部では全国約50社の運送会社などと提携を結び、全国の旅行会社各支店からの修学旅行の手荷物輸送領域に新風を吹き込んでいる。同社が大切にしているのは「心を込めた対応」。エンドユーザーである生徒を第1に、旅行会社の教育旅行担当者にも寄り添った対応が好評で、発注旅行会社の約9割がリピーターになっている。

 生徒たちにとっては一生に1回の修学旅行。旅行を安心して楽しむためには、出発から帰宅後までの確実な手荷物輸送が欠かせない。破損や汚損、紛失などのトラブルなく、スムーズな手荷物輸送を行えるかどうかは、運送会社にかかっている。

 大栄運送で修学旅行の手荷物輸送を担当する山本成雄事業部長がこだわるのは「心を込めた対応と現場第一主義」だ。宿泊先での手荷物の積み下ろしなどにも日程の合う限り立ち会い、ドライバーをサポートする。現場に立ち会うことは、情報収集に加え、ドライバーや提携運送会社、旅行会社の教育旅行担当者とのコミュニケーションの深化と信頼関係の醸成につながっている。「生徒の皆さんの荷物には魂が入っていると思って、どの場面でも心を込めて対応している。大切な荷物を扱うだけに、顔が見える関係性が大切」と山本部長。

 新幹線からの乗り換え時の手荷物の受け渡し場所などについても、下見や最新情報に基づく導線のシミュレーションを怠らない。安全かつ迅速に受け渡しができるよう入念に準備している。

 ある大手旅行会社の教育旅行担当者は、自身の担当する修学旅行で大栄運送を新規に利用。ソフト面のサービスの良さに好感を持ったという。旅行1週間前の集荷時間の変更や旅行先での急な伝票手配など大手運送会社では難しい件にも大栄運送は快く対応。手荷物の生徒それぞれの自宅への配送についても進捗(ちんちょく)状況や完了報告などが送付され、「細かく報告が入り大変安心感があった。こちらが『難しいかな』と思うような相談にも対応してくれて助かった部分も多い。秋以降も頼もうかと考えている」と話す。

 山本社長は「1度利用いただければ他社との違いを実感してもらえるはず。ぜひ見積もりを取ってみてほしい」とアピールした。

 問い合わせは同社営業(山本成雄)TEL090(4271)9193、Eメールsales@daieitransport.comまで。


教育旅行の9割がリピーター

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram