建築ラッシュに危惧 日本旅館協会京都府支部が総会

  • 2018年5月20日

中村支部長

 日本旅館協会京都府支部の通常総会が4月26日、京都府旅館会館(京都市中京区)で開催された。

 中村公紀支部長(春夏秋雪 京の宿 ギオン福住)は「新聞で宿泊特化型ホテルの建築ラッシュのニュースが出ていた。短期間に旅館・ホテルの客室が増えると稼働率の低下や宿泊単価の低下を招く懸念がある。現に稼働率や単価が下がって大変だ」と現状に危惧するあいさつを述べた。

 また決算手数料低減、人手不足解消、労働生産性向上など、諸問題の解消へ本部・連合会でさまざまな委員会を作り、会員にフィードバックしている現状を報告した。

 来賓からは横井雅史・京都市観光局観光MICE推進室長が「京都市は6月15日に施行される住宅宿泊事業法そのものに加え本市独自のルールとして条例、ガイドラインを一体として運用し、今後も違法な施設は指導を強めていく。10月から導入予定の宿泊税は財源19億円を予定。大切な財源を生かし京都の大きな問題となっている混雑緩和に使いたい」と話した。

 高畑重勝・京都市観光協会事務総長は「4月から京都市観光協会に京都文化交流コンベンションビューローのインバウンド誘致部分が移った。京都市版DMO本格始動の年であり、気持ちを新たに取り組む」と述べた。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら