島根県・隠岐ジオパーク、アンバサダー育成講座開講

  • 2019年11月8日

ジオパークの特徴を説明する野邉事務局長

 島根県と隠岐ユネスコ世界ジオパーク推進協議会は10月22日、知られざる隠岐の魅力を紹介するイベント「隠岐ユネスコ世界ジオパークアンバサダー育成講座」を東京都港区のアマナ海岸ANNEXスタジオで開催した。隠岐を熟知した講師による独自の生態系などを持つジオパークの解説や、地元の食材を使った試食会を行った。

 講座では、隠岐ユネスコ世界ジオパーク推進協議会の野邉一寛事務局長がジオパークの特徴や隠岐諸島の「大地の成り立ち」、北方系や南方系の植物が共存する「生態系」、古代から続く「人の営み」などを紹介。野邉事務局長は「暖かい時代、寒い時代の生き物、植物が共存するなど、不思議な生態系がある。島の中には数多くの絶滅危惧種が日常生活に溶け込んでいる。これがジオパークの面白さでもあり、可能性でもある」と語った。

 また、隠岐でしか見られないチョウや、本来はヒマラヤにしかいないチョウが隠岐にいることなどを例に挙げ、「隠岐の人に隠岐の貴重性を知ってもらい地域で守っていく」と述べた。

 このほか、天皇の即位式では隠岐のアワビが使われていたこと、4万年前から隠岐には人類がいたこと、大社が出雲の二つに比べて隠岐には四つあること、大陸への玄関口であったことなどが紹介された。

 試食会では、精米歩合を変えた酒「隠岐誉」の試飲や、隠岐産のアワビの試食などが行われた。参加者からは「今までは、ローソク島や国賀海岸など一部の観光スポットのイメージしかなかったが、次回は自然、歴史を通じた新たな隠岐を発見しに行きたい」と声が挙がった。

ジオパークの特徴を説明する野邉事務局長

関連する記事

埼玉県草加市は11日、草加市アニメ主題歌「心が帰る場所」の無料ダウンロードを開始した。 草加市制60周年を記念して昨年2018年に制作した記念アニメ『きみの待つ未来へ』の…

続きを読む

日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)はこのほど、愛知県内の5大学の大学生が考案したドライブ観光コースを審査するコンテストを名古屋市の同支部で初開催した。最優…

続きを読む

香川県の小豆島町や土庄町、観光関係者で構成される小豆島観光戦略会議は10月17日、大阪市のホテルモントレグラスミア大阪で観光商談会を開いた。今年、小豆島町などが「石の島」…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube