岐阜県・奥飛騨薬師のゆ本陣が事業停止

  • 2020年4月17日

 帝国データバンクによると、温泉旅館経営の奥飛騨薬師のゆ本陣(岐阜県高山市、資本金500万円)は3月30日、事業を停止した。自己破産申請の準備に入った。負債額は約2億1千万円。

 同社は、奥飛騨温泉内で「薬師のゆ本陣」を運営していた。同旅館はオージーエイチ(旧奥飛騨ガーデンホテル本陣)を吸収分割、事業譲受したもので、奥飛騨温泉郷新平湯温泉で最大規模の設備を有していた。2019年8月期の年収入高は約3億2300万円を計上していた。

 しかし、設備負担が重く、損益分岐点の収入高の確保に至らず債務超過に陥っていた。2月21日に新型コロナウイルスの感染が確認された女性が飛騨地方のバスツアーに参加し、奥飛騨の宿泊施設に宿泊したと報道され、以降は予約のキャンセルが相次いでいた。3月以降も諸外国からの渡航制限措置で外国人宿泊客が激減した。

 3月30日にいったん休業した後、7月以降に営業再開することを検討したが、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず収束の見込みも立たないことから、営業再開を断念。今回の措置に至った。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram