山梨県、自然首都圏フォーラム設立 富士山地域の魅力を向上

  • 2023年1月19日

写真撮影に応じる(左から)隈、山東、 長崎、田坂の各氏

 山梨県は12月22日、東京都内で記者会見し、富士山とその周辺地域の魅力を高め“自然首都圏”へと発展させていくこと目指して「富士五湖自然首都圏フォーラム」を設立すると発表した。まず、五つのワーキンググループ(WG)を設け、大学や企業などに参加を呼び掛けるとともに、国際会議場の誘致などを目指して検討を進める。

 同日は、フォーラムの代表となる長崎幸太郎知事、代表代行の田坂広志多摩大大学院名誉教授(県顧問)、最高顧問に就く建築家の隈研吾氏、前参院議長の山東昭子氏が出席した。また、県出身でノーベル賞を受賞した大村智氏(北里大特別栄誉教授)も最高顧問に就く。

 長崎知事はあいさつで「フォーラムには幅広い分野の、さまざまな方々に参加してもらい、地域の付加価値化を推進する大きなムーブメントを起こしたい」と抱負を述べた。

 自然首都圏のコンセプトは「豊かな自然、恵まれた自然の中で生活し、日々、余暇を楽しみながら、同時にリモートワークを活用し、首都圏の民間企業や公的組織で働くことのできる、また個人として働くことのできる『新たなワーク・ライフスタイル』を実現する地域」。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram