山形県配信の「さくらんぼ」のイメージを生かした「きゅん!」な観光PR動画、再生回数が約19万回に

  • 2022年12月14日

 山形県が2022年7月より公開している観光PR動画「さくらんぼ県やまがたへ~きゅん!こころトキメク山形です!~」の総再生回数が2022年11月までに約19万回に達した。動画は、全国的に山形名産として浸透している「さくらんぼ」と、SNSなどで使われる「きゅん!」というキーワード、同県の多彩なの観光資源を関連付け、女性層に訴求する内容だ。

 さくらんぼの持つ純粋で新鮮なイメージと、山形県のもつ絶景や伝統文化、独自の食文化などの心ときめく観光資源の多彩さを、ターゲット層である女性層を意識し、SNS上で使われる「きゅん!」というキーワードに重ねて構成。さらに可愛らしくアップテンポなオリジナル楽曲を使用することで、視聴者を飽きさせない魅力ある動画を目指しました。
 2022年7月25日~7月31日、および2022年10月27日~11月26日の期間においては、「YouTube」「Instagram」「Yahoo! 広告」などのインターネットメディアにて動画及び動画広告配信を実施し、多くの方に動画をご覧頂いています。

1 コンセプト

さくらんぼが持つ一般的なイメージである「かわいい」「甘い・甘酸っぱい」といった要素と、山形ならではの多彩な観光資源の「心ときめく」要素を掛け合わせ、「さくらんぼ県山形」としてのブランドコンセプトを「さくらんぼ県やまがたへ~きゅん!こころトキメク山形です!~」と設定。ターゲット層である女性を中心に、SNS上で使用されている 「きゅん」をキーワードとして抽出し、さくらんぼをはじめとした山形の多種多様な魅力をコンセプトワードとして表現しました。

このブランドコンセプトをベースに、動画のコンセプトは「私たちのココロがときめくような、そんな『きゅん!』とくる旅が山形にありました。」とし、動画の中でも効果的に「きゅん!」のワードを用いながら、思わず見たくなるインパクトを狙っています。

2 オリジナル楽曲の活用

動画の冒頭と締めくくりには、多くのCMソングなどを手掛ける作曲・編曲家によるオリジナル楽曲を使用した動画を展開。花笠音頭の一節「ヤッショーマカショ」を現代風にアレンジしたアップテンポな音楽と印象的な動画展開により、多くの視聴者を引き込んでいくことを狙いました。

3 動画で紹介した観光資源

●さくらんぼ:
さくらんぼ/さくらんぼ狩り/さくらんぼパフェ/やまがた紅王

●自然・山岳・森林:
幻想の森(山形県戸沢村)/白川湖の水没林(山形県飯豊町)/蔵王(山形県山形市)/紅花畑
最上川舟下り(山形県戸沢村)

●歴史文化・伝統芸能:
羽黒山五重塔(山形県鶴岡市)/山寺(宝珠山立石寺)(山形県山形市)/酒田舞娘(山形県酒田市)/山形花笠まつり(山形県山形市)/熊野大社(山形県南陽市)/山居倉庫(山形県酒田市)

●温泉:
銀山温泉(山形県尾花沢市)

●美食・美酒:
芋煮/玉こん/山形県産日本酒/山形県産ワイン/米沢牛すき焼き/季節のフルーツ

●その他:
加茂水族館(山形県鶴岡市)

4 再生数と視聴者層

11月30日時点におけるYouTubeの動画総再生数(15秒版および本編版)は約19万回と、当初の予想を上回る反響となりました。また、11月30日時点での山形県公式観光サイト「やまがたへの旅」内に設置した本動画に関する特集記事ページのアクセス数は2,253 回となり、ターゲット層との多くの接点機会の創出を実現しています。

5 YouTube上での継続公開

山形県の観光プロモーション動画「さくらんぼ県やまがたへ~きゅん!こころトキメク山形です!~」(3分
36秒) は、引き続きYouTube上で公開しており、どなたでもお気軽にご視聴いただけます。

<YouTube動画URL>
https://www.youtube.com/watch?v=I0bGnUEJrkU&t=10s
<やまがたへの旅特集記事ページURL>
https://yamagatakanko.com/sakuranboprdoga

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram