小田急電鉄グループなど、沿線エリアの魅力を発掘する訪日外国人向け着地型ツアーを開始

  • 2018年10月9日

 小田急電鉄グループなどは、沿線エリアの魅力を発掘する訪日外国人向け着地型ツアーを開始した。

 小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)と小田急グループのUDS株式会社(本社:東京都渋谷区 社長:中川 敬文 以下UDS)、株式会社エリスタ(本社:東京都新宿区 社長:村山 慶輔 以下エリスタ)は、沿線の代々木上原、大山、小田原のそれぞれのエリアの魅力を発掘する、英語ガイドによる訪日外国人向け着地型ツアーを造成し、2018年10月1日(月)から予約開始、10月8日(月)から催行します。
 これらのツアーはいずれも事前予約制の日帰りツアーで、ガイドが英語で各エリアのローカルな魅力を詳しくご案内します。今般、新たに代々木上原、大山、小田原の着地型ツアーを発売することに伴い、本年4月から発売している下北沢の着地型ツアーについても、参加者のご意見をもとに大幅に内容をリニューアルし、10月1日(月)から新たに予約を開始します。

本企画は、UDSが新宿で運営しているインバウンド関連事業者向けコワーキングスペース「INBOUND LEAGUE」(インバウンドリーグ)のベンチャー企業等と小田急グループの連携施策で、2018年4月に発売を開始した下北沢の着地型ツアーに続く第2弾の商品です。インバウンドベンチャー企業が有する専門知識やノウハウを活かし、在日外国人によるモニタリングツアーなどを実施して、外国人の目線を取り入れた商品となっています。

商品化は、訪日外国人旅行者を対象とした着地型旅行商品の企画・販売を中心に旅行関連事業を手がけるエリスタが行い、INBOUND LEAGUE内ツアーデスクのほか、訪日外国人旅行者向け案内所の小田急旅行センター 新宿西口内はこね旅市場でも本商品を販売します。

今後もさらなる沿線の魅力を発掘していくため、着地型ツアーを新たに造成し、発売する予定です。

各ツアーパンフレットイメージ各ツアーパンフレットイメージ

「沿線の新たな魅力を発掘する4つの着地型ツアー」の概要は以下のとおりです。

1 各ツアー概要
※ 全ツアーとも発売から一定期間、キャンペーン価格で発売します(終了日未定)

(1)代々木上原
①名称 YOYOGI UEHARA Tasting Traditional Foods & Exploring Historical Spots
②金額 4,500円(キャンペーン価格 4,000円)
③催行日 2018年10月10日(水)から毎週水・木・金曜日
④催行時間 14時00分~16時00分(2時間)

(2)大山
①名称 OYAMA Sacred Mountain Hike 1 hour from Shinjuku
with locals 1 Day Hiking to  Mt. Oyama in Kanagawa
②金額 15,000円(キャンペーン価格 14,000円)
③催行日 2018年10月11日(木)から 毎週木・金曜日
④催行時間 10時25分~16時00分(約6時間)

(3)小田原
①名称 ODAWARA Odawara Castle Samurai Photo Tour
②金額 6,000円(キャンペーン価格 5,000円)
③催行日 2018年10月8日(月・祝)から 毎週月・火・水曜日
④催行時間 11時00分~13時00分(2時間)

(4)下北沢(リニューアル)
①名称 SHIMOKITAZAWA Local Neighborhood Walk & Bar Hopping
②金額 6,000円(キャンペーン価格 5,000円)
③催行日 2018年10月9日(火)から 毎週火・木・金曜日
④催行時間 17時00分~19時00分(2時間)

2 予約開始日 2018年10月1日(月)

3 発売場所
(1)インバウンド関連事業者向けコワーキングスペース「INBOUND LEAGUE」内エリスタツアーデスク
(2)小田急旅行センター 新宿西口内 はこね旅市場
(3)エリスタホームページ http://ellista.jp/

4 そ の 他 ・最小催行人員は2名です。
・ツアー申し込み以外のお問い合わせ先は以下のとおりです。
Email     :info@ellista.jp
ホームページ :http://ellista.jp/category/tour/original-tour/

【参考】
小田急グループでは「長期ビジョン2020」において、2020年度までを「収益基盤を強化し、事業成長すべき期間」としており、2020年度までにグループインバウンド収益230億円の達成を目標に掲げています。目標の達成に向け、今後もインバウンドベンチャー企業との連携を強化し、沿線の新たな魅力を積極的に発掘することで、訪日外国人旅行者の方にお楽しみいただける商品を造成するなど、インバウンド収益の拡大を目指します。

【INBOUND LEAGUEとは】
インバウンド関連の情報、ノウハウ、人が集まり、新たなインバウンドビジネスを創出するベンチャーを支援する場となることで、インバウンドを通した、企業や地域の活性化支援を目指した複合型コワーキングスペース。
ワークプレイスに加えて、イベントスペース、畳敷き和サロン、世界各国の人が入居するシェアハウスなど、インバウンドビジネスに関わる多様なプレイヤーに応じた空間を設けています。
http://inbound-league.jp/

【エリスタとは】
日本各地で地域活性のプロジェクトを手がけるUDSと、インバウンド事業に先駆的に取り組んできたやまとごころの合弁による旅行会社。両社の事業ナレッジとネットワークを掛け合わせ、訪日外国人旅行者を対象とした着地型旅行の企画・販売を中心とした旅行関連事業を手がけることで海外と地域各地を繋ぎ、地域の未来づくりに貢献することを目指しています。
https://ellista.co.jp/

関連する記事

日本政府観光局(JNTO)はこのほど、2017年の国際会議統計をまとめた。日本国内で開催された国際会議の件数は、前年比6.2%増(192件増)の3313件となった。東日本…

続きを読む

ユーロモニターインターナショナル は4日、「外国人訪問者数世界TOP100都市(2018年版)」を発表した。 英国ロンドン-国際的な市場調査会社、ユーロモニターインター…

続きを読む

情報センター出版局は4日、訪日外国人観光客対応ツール「はたらく指さし」を発売した。 株式会社情報センター出版局(本社:東京都新宿区、代表取締役 社長:田村隆英、以下「弊社…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube