富士山三島東急ホテル、日大国際関係学部との産学連携プラン販売

  • 2022年5月15日

プランのパンフレット写真撮影も学生が行った

 富士山三島東急ホテル(静岡県三島市)は、同市にキャンパスを構える日本大学国際関係学部「矢嶋ゼミナール」の学生が企画した産学連携の宿泊と日帰りプランをこのほど発売した。絶景の鉄道眺望や地域の食など、地元三島の魅力を詰め込んだプラン。同学部と連携協定を結ぶ伊豆箱根鉄道ともコラボした。

 プランは鉄道が見える客室を利用した親子向け宿泊プランと、和風のアフタヌーンティーを友人らと楽しんでもらう女性向け日帰りプランの二つ。

 宿泊プランは東海道新幹線、東海道線、伊豆箱根鉄道を一望し、深夜も貨物列車や新幹線の車両所の夜景が見える客室内で、ホテルでの滞在を楽しんでもらう。室内はプラレール(一部客室)や三島周辺の鉄道写真を展示。鉄道がデザインされたグッズも用意する。朝食は大人用、子ども用2種類の駅弁風弁当を用意。学生が同ホテルのシェフと考案した。

 「普段味わえない特別な思い出を作ってもらいたい」と、伊豆箱根鉄道三島駅の駅員と記念撮影ができる企画も用意した。

 日帰りプランは、学生がセレクトした静岡を代表する4種類の日本茶(掛川茶、本山茶、川根茶、ぐり茶)に加え、「富士山」「水の都・三島」「花のまち・三島」をテーマにした三段重の和のスイーツを用意する。

 ホテル随一の眺望が自慢の「ファミリーコーナー畳ルーム」を使用。コロナ禍で自宅から出る機会が減った主婦層をターゲットに、地元の特産品をそろえて友人たちとのティータイムを楽しんでもらう。

 ともに5月9日から7月22日までの設定(宿泊プランはチェックイン日)。宿泊プラン大人1万1千円から。日帰りプラン6900円から。

 矢嶋ゼミは旅行業界出身の矢嶋敏朗准教授が率いるゼミナール。同ホテルとの産学連携企画はホテルが開業した2020年から実施。今回はホテルの視察やプランの企画、ホテルへのプレゼンテーション、プロモーションなど、全て学生が主体で行ったという。


プランのパンフレット写真撮影も学生が行った

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram