宿泊業の特定技能外国人、ミャンマーで試験 海外で初

  • 2019年10月17日

 宿泊業4団体が設立した宿泊業技能試験センターは27日、外国人就労の在留資格「特定技能1号」の宿泊業技能測定試験をミャンマーで実施する。海外での宿泊業技能測定試験の実施は初めて。7~9日に受験申し込みを受け付け、すでに定員の250人に達している。

 試験会場はヤンゴン市内。受験料は3万チャット(日本円換算約2100円)。宿泊業のフロント、企画・広報、接客、レストランサービスの業務などに関して筆記試験と実技試験が行われる。合格発表は11月15日の予定。

 日本・ミャンマー政府間では、特定技能外国人の円滑、適正な送り出し、受け入れの確保に向けて協力の覚書が締結されている。

 宿泊業技能測定試験では、4月に国内7カ所で行われた初の国内試験でネパール、ベトナム、中国などから280人が合格。10月6日には2回目の国内試験が8カ所で実施され、11月1日に合格発表が行われる予定。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram