宿泊業がワースト1 19年比「売上半減以下企業」

  • 2022年5月2日

 東京商工リサーチは4月、全国の企業を対象に、新型コロナウイルスの影響に関するアンケート調査を行い、結果を公表した。今年3月の売上高が2019年同月の「半減以下」とする企業割合は、業種別で宿泊業が50.0%と最も多かった。宿泊業は借入金の返済見通しを「現在懸念があり」とする企業割合もワースト1位と、コロナの影響を最も大きく受けている業種であることが改めて示された。

 調査は4月1~11日にインターネットで実施。6167社から有効回答を得た。

 「自社の今年3月の売上高がコロナ禍前の19年同月を『100』とすると、どの程度だったか」を質問。
「コロナの影響が継続している」または「影響が出たが既に収束した」と答えた企業のうち、4653社が回答したところ、53.4%が100未満だった。企業の規模別では、大企業の45.0%、中小企業の54.4%が100未満と回答した。

 19年同月比で売上高が半分以上減少した企業割合は、45業種別で(回答母数20社以上)、宿泊業が50.0%と最も多かった。以下、飲食業(34.4%)、生活関連サービス業、娯楽業(24.6%)、各種商品卸売業(20.7%)の順。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram