宿泊施設関連協会(JARC)、第4回ゼミナール「これからのトレンドとなるライフスタイルホテルの世界の潮流」開催

  • 2018年12月7日

 宿泊施設関連協会(JARC、林悦男理事長)は11月22日、東京都千代田区の全国旅館会館2階の同協会事務所で、第4回JARCゼミナール「これからのトレンドとなるライフスタイルホテルの世界の潮流」を開いた=写真。講師は観光計画研究所の矢野直社長が務めた。

 矢野氏はライフスタイルホテルの登場について「80年年代初頭の欧米で、幅広いサービスやコストパフォーマンスを追求する巨大ホテルより、小規模で居心地の良いホテルを求める顧客を対象にした『ブティックホテル』が登場。その中で、デザインに特徴を持つものは『デザインホテル(またはデザイナーズホテル)』と呼ばれブームは続いている。その後デザイン性だけでなく、音楽や文化、地域性などを重視した『ライフスタイルホテル』が広がりつつある」と説明。

 具体的なライフスタイルホテルの例として「エースホテル・シアトル」(1999年)、「ママシェルター・パリ」(2008年)などを挙げ、写真を示しながら特徴を詳説した。

 また、「ライフスタイルホテルは従来、独立系ホテルが手掛けてきたが、現在では国際ホテルチェーンがブランド化を進めている」と指摘。マリオットの「エディション」「モクシー」「W」「アロフト」、ヒルトンの「キュリオ」「キャノピー」、IHGの「キンプトン」「インディゴ」、ハイアットの「アンダース」「ハイアットセントリック」、アコーの「Mギャラリー」「ソーソフィテル」がこれに当たるとした。

 その上で、「『ライフスタイル』という価値を持ち込むことで、宿泊部門に比重を高めた計画とし、グレード感を損なわずに事業性を高めたブランドとすることができている」と解説した。

関連する記事

陽光注ぐローマ風大風呂 北海道登別温泉の「祝いの宿登別グランドホテル」(中牧昇一社長)は、還暦などの賀寿や誕生日、定年退職、結婚など慶事を迎えたゲストに向けて、花束や特…

続きを読む

リクルートライフスタイルは、じゃらん「酒旅」に関するアンケート結果を発表した。 トピックス ■旅先では「おいしい食事とともにお酒を楽しみたい派」が多数! ■旅前に最も知り…

続きを読む

サンリオピューロランドは、ハワイの海を舞台にした家族向けのミュージカルを来年7月に開催する。 サンリオピューロランド(以下、ピューロランド)とコンフェティ合同会社は、ハワ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube