宿泊施設のCO2削減に生ごみ処理機を提案

  • 2022年1月3日

シンクピアシリーズ

 JTB商事は、SINKPIA・JAPAN(シンクピア・ジャパン、神奈川県横浜市)と共同で、宿泊施設のCO2削減に向けた新たなソリューションとして、SINKPIA社の生ごみ処理機「シンクピア」シリーズの導入を提案している。

 まさに今が地球全体の将来を占う時として環境問題が注目される中、宿泊施設のSDGs推進は大きな課題となっている。宿泊施設特有の課題として、ごみの削減、特に大量の燃料を消費する生ごみの処理がある。

 シンクピアは、比較的容易でコストパフォーマンスが高いソリューションだ。特徴は(1)脱臭機や排気ダクトが不要(2)コンパクトなサイズで室内置きが可能(3)残存物の取り出しが不要(4)経済的な省電力設計(5)誰でもできる簡単操作(6)全国対応のメンテナンス(7)高いCO2削減効果―の七つ。

 数種類の微生物の力によりおよそ24時間で生ごみを液状にする。あとは排水するだけ。高度なバイオ技術により、生ごみ特有のにおいのもとを抑えて素早く処理する。

 操作が簡単で誰にでも使いやすい。厨房内への設置を可能にしたコンパクト設計。重く、においが気になる生ごみを移動させる必要がなく、従業員の業務の軽減にもつながる。まさに宿泊施設に最適な商品だ。

 また、生ごみを運ばず、燃やさず、その場で処理することで、運搬時や焼却時に排出されるCO2削減にも大きく貢献する。

 コンパクトタイプから大容量タイプまで、豊富なラインアップをそろえている。

 問い合わせは、JTB商事各営業所まで。


シンクピアシリーズ

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram