宿泊施設に専門家派遣 観光庁、高付加価値化・収益力向上で

  • 2020年7月17日

 観光庁は6月30日、「宿泊施設アドバイザー派遣事業」として実証事業に取り組む旅館・ホテルの募集を開始した。新型コロナウイルスの感染防止と社会経済活動を両立させる「新しい生活様式」に対応しながら、施設やサービスの高付加価値化、収益力向上に取り組んでもらう。経営コンサルタント、ITの専門家などのアドバイザーを活用する事業で、その派遣費用などを国費で負担する。受け付けは7月30日まで。

 申請できるのは、宿泊施設、または宿泊施設と共同で取り組む地域のDMOや事業者。宿泊施設単独の取り組みでは、1件当たり1千万円を上限に15件程度を支援する予定。共同の取り組みは、1500万円を上限に5件程度を予定。

 アドバイザーを派遣して支援する実証事業の取り組みの例としては、事業継続(業務効率化や事業継続のコンサルティング、金融機関との調整、助成金の活用、事業承継など)▽感染症拡大防止への対応▽地域内の宿泊施設と飲食施設の連携による泊食分離▽施設の高付加価値化に向けた改修(改修計画の作成、金融機関との調整、補助金の活用)―など。

 派遣するアドバイザーは、経営コンサルタントなどのほか、弁護士、公認会計士、中小企業診断士、行政書士、特定分野の専門家など。高度な知識や技術を持つ者であれば職種は問わない。

 国費で支援するのは、アドバイザーの派遣経費、実証事業に関するマーケティングの調査費、会議や研修に関わる経費、パンフレットやホームページの作成費、プロモーションの費用など。

 観光庁と有識者で構成する委員会で支援する案件を選定。選定された宿泊施設などは9月ごろまでに事業計画を策定後、実証事業をスタート。来年2月ごろに最終報告をまとめる。

 公募要領や申請書類は観光庁のホームページに掲載されている。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram