宿泊ダボス会議に550人参加 オンラインで有識者ら講演

  • 2020年8月24日

北原茂樹氏

 宿泊施設活性化機構(東京都港区、伊藤泰斗事務局長)は6日、「第5回日本宿泊ダボス会議~感染症の世紀における宿泊未来予想図~」をオンラインで開催した。参加費無料で当初定員300人に対して、当日は550人以上が視聴した。

 平将明・内閣府副大臣、武井俊輔・衆院議員、北原茂樹・日本旅館協会前会長(京都市・旅館こうろ会長)、雀部優・三井不動産ホテルマネジメント社長、加藤友康・カトープレジャーグループ社長、佐山展生・スカイマーク会長らが講演した。

 北原氏は、今回のコロナ禍について「太平洋戦争後、最大の経済的打撃であり、SARS、MERS、リーマンショック、阪神淡路大震災、東日本大震災を超える経済的ダメージであることは間違いない」と指摘。

 その上で北原氏は、ポスト・コロナの旅館経営に必要なこととして、(1)みなし資本となる劣後ローンの活用(2)旅館業法を順守してきた生活衛生同業組合として衛生管理がいかに大切かを消費者にしっかりと訴えていくこと(3)次世代の経営者に事業継承していくための思い切ったパラダイムシフト―の3点を挙げた。

 (3)の具体策は、「地域の資産と個々の旅館の資産を合体させ新たなプラットフォームを立ち上げる」「5軒、10軒の旅館でつくる個々の旅館の個性を重視したM&A」「個々の経営者の強みを生かした役割分担によるオペレーション会社、すなわち専門家集団による効率経営」「全国各地にある中小企業基盤整備機構の活用」とした。

 北原氏のほか、武井衆院議員は「今こそ観光業界の団結力と底力が求められている」と呼び掛けた。また、スカイマークの佐山会長は「定量的なデータを業界団体が率先して開示、広報し、その窮状を世間に訴え掛けるべき」と述べた。


北原茂樹氏

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら