宿の改修など高付加価値化 基金化を含め検討

  • 2022年8月30日

観光立国復活へ予算要求

 省庁から財政当局への来年度予算の概算要求の提出期限は8月末。観光庁予算の要求内容は近く公表される予定だが、和田浩一長官は19日の専門紙会見で、概算要求の基本的な考え方について質問に答えた。

◇  ◇

 基本的な考え方の部分になるが、観光は成長戦略の柱、地域活性化の切り札。コロナがあったからといって日本の魅力が失われたわけではない。ポストコロナにおいても観光の重要性にはまったく変わりない。一方で観光に携わっている皆さまは、コロナで大変厳しい状況に置かれている。ポストコロナにあって期待される役割を果たしてもらえるよう、いろいろな観点から多面的に支援していく必要がある。

 観光地の面的な再生・高付加価値化、観光資源の磨き上げ、観光産業のデジタル化や人材育成など、さまざまな観点から観光立国復活に向けた基盤の維持・強化というような大きな柱のもとに、考えられる施策を盛り込んでいきたい。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram