宮崎県児湯郡西米良村、害獣被害で滅びつつある伝統野菜を鹿猪と組み合わせブランド化

  • 2019年3月21日

 宮崎県児湯郡西米良村は、害獣被害で滅びつつある伝統野菜を鹿猪と組み合わせブランド化する試みを始めた。

宮崎県児湯郡西米良村は、村内伝統文化の保護と伝承を目的とした「西米良村GBA(じいちゃんばぁちゃんが守ってきたアグリカルチャー)プロジェクト」の一環として、害獣被害により滅びつつある西米良村由来の伝統野菜を、被害の大元である鹿猪と組み合わせブランド化する試みを本格スタートさせます。今後はイベント販売やふるさと納税への登録、情報発信プラットフォームの整理等を、順次実施してまいります。これからの西米良ジビエと伝統野菜を組み合わせた新たな取り組みを楽しみにお待ちください。
・山間農業の天敵を、逆転の発想でブランド化を目指す

山林が面積の96%を占める西米良村では、わずかな田んぼで米をつくり、山を切り開いた焼き畑では伝統野菜「糸巻大根」や「伊勢芋」の栽培を行ってきました。ところが、近年の農業の担い手減少に伴いシカやイノシシの数が増大、耕作地を食い荒らし収量が激減、壊滅の危機に陥りました。事態を重く見た西米良村役場は、2018年3月にジビエ専用の食肉加工場を村内に完成させて体制を整え、2019年度以降は害獣被害を逆手に取った伝統文化とジビエのブランド化を推進する予定です。

・3月からは山桜が見ごろ、毎週末イベントが開催されジビエ料理も

3月~5月末の土日は、西米良村内(西米良温泉ゆた~と、おがわ作小屋村ほか)至る所で様々なイベントを開催いたします。山間を覆う桜で日本の原風景を眺めながら、伝統野菜やジビエを使った食体験も予定されています。

2019年3月の主なイベント
・3月21日(木祝) 菊地武夫公とのお花見会 要事前予約
・3月24日(日) こしのお春祭&桜ウォーキング大会 無料
・3月31日(日)まで カリコボーズのひなまつり 村内各所で開催

・宮崎県児湯郡西米良村
「平成の桃源郷」ともいわれる西米良村は、山深い谷間にあります。宮崎県の西部に位置し、宮崎市中心地から車で2時間ほどの熊本県境にある自然が豊かな土地です。また、独特の文化が現在も息づき、村民によって未来へと伝承する活動が行われています。たとえば、起源を南北朝まで遡ることのできる夜神楽の奉納や数多く残る民話の口伝伝承が盛んで、村のマスコットキャラクターは、ホイホイくんというカリコボーズ(精霊)です。人口は約1,000 人と宮崎県の自治体の中で最小ですが、地元を愛する人たちの思いは一番の村です。

関連する記事

お茶の京都DMOは、「渡邊忠司氏と行く家康伊賀越えの道ウォーキング」を11月16日に実施する。 家康は今から437年前、「本能寺の変」で主君・信長の死を大阪・堺の地で知ら…

続きを読む

秋田県仙北市の乳頭温泉組合(竹内貴祐組合長)は10日、温泉郷のPRのため新たに製作した「ラッピングトラック」の出発式を、同温泉郷を巡回する乗り合いバス「湯めぐり号」の運行…

続きを読む

下旬に「巻狩まつり」 栃木県那須塩原市で26~27日、「那須野巻狩まつり」が開催される。直径2・2メートルの大鍋で作られる巻狩鍋=写真=は圧巻だ。同まつりは、源頼朝が11…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

 英語応対能力検定

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube