宮城県旅組、県と防災協定締結

  • 2021年3月3日

協定書を示す村井知事(左から4人目)と佐藤理事長(同5人目)

 宮城県(村井嘉浩知事)と宮城県ホテル旅館生活衛生同業組合(佐藤勘三郎理事長)は16日、防災時における宿泊施設の提供等に関しての協定を締結した。災害発生時、県が同組合に高齢者、障害者、妊産婦など要配慮者の避難者受け入れを要請、組合側が受け入れ可能な施設を調整する。同組合に加盟する251施設、計1万5473室が協定の対象となる。

 締結式で村井知事は、「県民の命や財産を守るため、これまでの災害をもとに防災体制の整備を進めている。密にならない避難所運営が可能となり、大変心強い。避難生活者の不安を軽減できるものと期待している」と述べた。

 佐藤理事長は「可能な限り幅広に受け入れを行う。非常食ではなく食事を、雑魚寝ではなく睡眠を、排泄ではなくトイレを提供できるのが私たちの組合であり、今後も皆さんとともに協働していく」と語った。

 締結式には県会議員で観光・情報議員連盟の中島源陽会長、村上智行幹事長、佐々木幸士幹事長代理と同組合の役員らが立ち会った。


協定書を示す村井知事(左から4人目)と佐藤理事長(同5人目)

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら