宮古・室蘭にフェリー、岩手に初航路

  • 2018年7月16日

 宮古(岩手県)―室蘭(北海道)間に定期フェリー航路が開設され、6月22日に運航が始まった。運航会社は川崎近海汽船「シルバーフェリー」。就航船舶は「シルバークィーン」(7005トン)で、旅客定員600人、車両の積載はトラック69台、乗用車20台。岩手県にとっては初のフェリー航路開設となった。

 運航は1日1往復。片道約10時間で航路を結ぶ。ダイヤは宮古港午前8時発・室蘭港午後6時着、室蘭港午後8時発・宮古港午前6時着。

 「シルバークィーン」には、2等、2等寝台のほか、ツインルームの特等室5室、定員4人の1等洋室17室、1等和室5室などがある。海が眺められる展望浴室なども備える。

 大人、片道の運賃は特等1万5千円、1等1万2千円、2等寝台8千円、2等6千円。乗用車の車両運賃は、全長4メートル未満2万800円、5メートル未満2万6千円、6メートル未満3万1200円。

 就航により観光、物流の活性化が見込まれている。観光では、宮古市、室蘭市の観光魅力の発信のほか、三陸ジオパークと洞爺湖有珠山ジオパークの連携などが期待されている。物流では、宮古側で整備が進む三陸沿岸道路や復興道路の活用が利点となる。

関連する記事

兵庫県の尼崎城が3月29日から一般公開される。 2018年11月30日に旧家電量販店の創業者である安保詮氏から寄贈を受け、尼崎城址公園の整備を進めるととともに、市民や事業…

続きを読む

日本旅館協会北海道支部連合会は11日、会員旅館を対象に実施している宿泊実績調査の2019年2月の結果をまとめた=表。前年同月の実績に対して宿泊人員が1.8%減、売り上げが…

続きを読む

山形県(吉村美栄子知事)と山形県旅館ホテル生活衛生同業組合(佐藤信幸理事長)は5日、災害時における宿泊施設提供の協定を締結した。災害発生時、県が高齢者、障害者、妊産婦など…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube