客室利用率は36% 全日本シティホテル連盟2月

  • 2021年3月22日

競争激化で単価が下落

 全日本シティホテル連盟(JCHA)が10日に発表した会員ホテルの2月の全国平均客室利用率は36.1%で、前年同月比33.5ポイント減となった。

 緊急事態宣言の延長を受け、稼働は低調に推移した。JCHAは「受験生プラン以外は、なかなか伸びない状況だった。地域によっては降雪の影響もあり、キャンセルも増えたようだ」と総評。

 価格の動向についても「全体的にエリア内での低価格競争が激しくなり、稼働を取るために平均単価が下落する、という状況に陥っている」(JCHA)。

 調査は238会員ホテルのうち126軒から回答を得た。

 地域別での利用率のトップは、66.9%の北海道。次いで、56.8%の東北、55.5%の北陸など。利用率が低かった地域は、24.7%の九州、25.3%の四国、29.9%の近畿など。前年同月比で利用率が上昇した地域はなかった。

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram