宙ツ―リズム普及へ 宇宙・空で地方誘客

  • 2018年12月4日

協議会理事で元JAXA宇宙飛行士の山崎氏

 宙ツーリズム推進協議会(縣秀彦代表=国立天文台国際普及室長、約35会員)は11月21日、第1回シンポジウム・総会を東京都港区の電通本社で開いた。

 協議会は、宇宙にまつわる魅力を「宙(そら)」と称し、宙を見上げること、宙を旅行することなど、さまざまな情報やサービスの提供を目的として2017年11月に設立。観光庁「テーマ別観光による地方誘客事業」の一つに選定されている。

 シンポジウムでは、協議会理事で電通宇宙ラボ主任研究員の荒井誠氏が「宙ツーリズム市場調査」の結果について発表。同理事で鳥取県観光戦略課係長の井田広之氏は「鳥取県は星取県になりました」と題して、星空をテーマにした観光プロモーションの内容などを説明した。また、同理事で日本旅行地方創生推進本部副本部長の三好一弘氏は、日本旅行が「sola旅クラブ」のブランドで実施している「ロケット打上応援ツアー」「宇宙体感ツアー」など宙ツーリズムへの取り組み状況を紹介した。

 協議会理事で元JAXA宇宙飛行士の山崎直子氏はあいさつで「将来的には日本が、実際に宇宙に行く『宇宙旅行』のアジアのハブになってほしいと願っている。昼間の観光とともに夜の観光も注目を浴びており、星空見学などで、宙ツーリズムも貢献できる。教育効果も高い宙ツーリズムを盛り上げていきたい」と宙への想いと宙ツーリズム普及への意気込みを語った。


協議会理事で元JAXA宇宙飛行士の山崎氏

関連する記事

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の政府間委員会は11月29日、日本の「来訪神:仮面・仮装の神々」の無形文化遺産登録を決めた。2009年に登録された「甑(こしき)島のトシド…

続きを読む

大分県、エアビーアンドビー・ジャパン、ANA(全日本空輸)はこのほど、観光振興に関する提携について覚書を締結した。大分県のさまざまな魅力を国内外に発信し、協働して観光客の…

続きを読む

17日発会、県内5団体で構成   国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産への「温泉文化」登録を目指し、群馬県で登録に向けた組織が設立されることが明らかにな…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube