学生インバウンド旅行企画、最高賞の跡見学園女子大

  • 2020年2月17日

グランプリを受賞した跡見学園女子大学村上ゼミのチーム

 国土交通省関東運輸局と関東観光広域連携事業推進協議会、東京商工会議所は7日、東京都新宿区の角筈区民ホールで第6回「広域関東学生インバウンド旅行企画コンテスト」の決勝戦を開いた。大学生と高校生のチーム5組が舞台でプレゼンテーションし、審査の結果、跡見学園女子大学村上ゼミのチームが最高賞のグランプリを受賞した。

 コンテストは関東甲信越など1都10県の学生、生徒らのグループを対象に、関東広域を巡る訪日外国人向けのツアーを造成してもらい、「テーマ性」「新たな視点」「実現可能性」などの視点で優秀な作品を表彰するもの。今回は47のエントリーがあり、審査員らの書類審査で最終の5組が選ばれた。審査は大手旅行会社の幹部、日本でインバウンド事業を手掛ける外国人ほか、観光経済新聞の記者が参加している。

 グランプリを受賞した跡見学園女子大村上ゼミ(チーム名=free girls)のプランは、「FREE TOURISM」のタイトルで、欧米豪の車いす利用者を対象にした東京都、山梨県、長野県を巡る3泊4日のツアー。車いすでも利用できる観光施設やアトラクションの利用、バリアフリー体制が充実している旅館・ホテルでの宿泊など、「車いす利用者がストレスなく楽しめる」内容とし、「新たな市場開拓が見込める」などが審査員から高く評価された。

 表彰式でチームの代表は「さまざまな方の協力があって完成したプラン。ユニバーサルツーリズムは今後の日本に欠かせない。プランを発表できたのは意義あることだと思う」と、涙で声を詰まらせながら話した。

 審査員代表の宮崎俊哉氏(三菱総合研究所地域創生事業本部観光立国実現支援チームリーダー)は「素材をしっかり調べ込んで仕上げたツアーだ。今後はプライシングを含めて、さらなるステップアップを目指してほしい」と講評を述べた。

グランプリを受賞した跡見学園女子大学村上ゼミのチーム

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram