子供向け職業体験プログラムの夢らくざプロジェクト、TBSドラマ「陸王」の舞台埼玉県行田市へのツアー実施

  • 2018年10月17日

 子供向け職業体験プログラムの夢らくざプロジェクトは、TBSドラマ「陸王」の舞台埼玉県行田市へのツアーを実施する。
こども向け職業体験イベントを企画制作する一般社団法人夢らくざプロジェクト(品川区、代表理事:髙田 亮)では、ツアー型の職業体験プログラム『道場ツアー おしごとの旅』をスタートさせます。その第1弾を、10月28日(日)に埼玉県行田市で開催いたします。お申し込みは現在受付中。

『道場ツアー おしごとの旅』は、その地域ならではの職業が体験できる、ツアー型(現地集合・解散)の職業体験プログラムです。夢らくざプロジェクトが実施している職業体験プログラム『おしごとなりきり道場』『おしごと弟子入り道場』『道場やぶり おしごとチャレンジ』に続く、こどもを対象とした職業体験の新しいプログラムです。

第1弾は、埼玉県北部の足袋のまち「行田」

第1弾として訪れるのは、埼玉県の北部「行田(ぎょうだ)」。人口約8万人のこのまちは、「和装文化の足元を支え続ける足袋蔵のまち行田」として、日本遺産にも認定されています。足袋の生産地として、行田はピーク時には全国生産の約8割を占め、今でも日本一。昨年放送されたTBSドラマ「陸王」の舞台にもなりました。
そんな行田の職業がまるごと体験できるのが、今回のプログラム『道場ツアー おしごとの旅 〜行田へGO!〜」です。足袋(たび)、藍染(あいぞめ)、せんべい、ゼリーフライ(B級グルメ)と、行田の魅力がたっぷりつまったおしごと体験ツアーです。ぜひ、行田ならではの職業を体験してください。 

イベント概要

イベント名 道場ツアー おしごとの旅 〜行田へGO!〜
日 時 2018年10月28日(日)13時00分~17時00分
会 場 行田市商工センター(埼玉県行田市忍2-1-8)とその周辺エリア
対 象 小学生
定 員 先着18名さま
参加費 4,000円
申込方法 公式ホームページ内の申込フォームより事前申し込み
http://www.yumerakuza.net/eventinfo/19158
主 催 夢★らくざプロジェクト(一般社団法人夢らくざプロジェクト)
共 催 行田商工会議所

体験内容
(1)足袋職人

  • 「足袋(たび)」ができるまでの流れを知ろう!(足袋とくらしの博物館の見学) 
  • 足袋作りの最後の工程「仕上げ」を体験してみよう!

講師:中澤 貴之(きねや足袋株式会社)

(2)藍染職人

  • 「藍(あい)」の性質を理解しながら、仕込みと染めをしてみよう!
  • 誰かが使うことをイメージしながら、ハンカチを藍染してみよう!
  • 試験紙による灰汁(あく)のpH(水質)計測をして、「藍(あい)」の調子を見てみよう!

講師:菅井 幸子(牧禎舎 藍染体験工房)

(3)せんべい職人

  • こだわりの炭で足袋の形をしたおせんべいを焼いてみよう!
  • ハケを使って創業以来漬け足し続けている秘伝のしょう油タレを塗ってみよう!

講師:戸塚煎餅店

(4)ゼリーフライ(B級グルメ)職人

  • 行田のB級グルメ「ゼリーフライ」とは?
  • ゼリーフライを好きな形に整えて、油で揚げてみよう!

講師:忠次郎蔵

団体概要
団体名   夢★らくざプロジェクト(一般社団法人夢らくざプロジェクト)
設立年月日 2011年4月7日(2017年12月1日 法人格取得)
代表者   代表理事 髙田 亮
活動内容  ・こども向け職業体験プログラムの企画および制作
・こども向け職業体験に関する情報提供サイトの運営
・こども、子育てに関する調査の実施
受賞歴   キッズデザイン賞(2012年・2014年・2016年)
よみうり子育て応援団大賞 奨励賞(2017年)
URL    http://www.yumerakuza.net

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら