天童市で「人間将棋」 2日間で12万人来場

  • 2018年5月5日

 山形県天童市で4月21、22日の2日間、天童桜まつり「人間将棋」が開かれた=写真。会場は、天童温泉を一望する舞鶴山山頂。甲冑姿の地元高校生が武者駒となり、将棋の対局に合わせ、特設の将棋盤の上を行き交かった。時代絵巻さながらの光景が観光客を魅了した。

 主催は天童桜まつり実行委員会(実行委員長・伊藤彰天童荘社長)。人間将棋は、地元の伝統産業である将棋の駒の製造を観光振興に生かそうと、1956年に始まり、今年で63回目を迎えた。春の風物詩にもなっている。主催者によると、2日間の来場者数は約11万5千人に上った。

 屋外に常設されている将棋盤は縦16・6メートル、横13・8メートル。王将太鼓が響く中“織田信長”に扮した演武隊も登場した。初日の人間将棋では、香川愛生女流三段とK・ステチェンスカ女流一級が対局。2日目は屋敷伸之九段と山崎隆之八段が対局。戦国武将になりきった口調で掛け合い、会場を沸かせた。一進一退の戦局を瀬川晶司五段が解説した。特別ゲストとして加藤一二三九段、将棋親善大使のタレント、つるの剛士さんも参加し、トークショーを行った。

関連する記事

渋谷区観光協会などで構成する「渋谷の新しい観光を考える会」は9日、トークイベント「奥渋から考える渋谷の観光」を東京都渋谷区神山町の出版社兼書店「シブヤ・パブリッシング&ブ…

続きを読む

長崎県は、「長崎しま旅わくわく乗船券・航空券」をじゃらんnetで25日に発売する。 長崎県及び(一社)長崎県観光連盟は、2019年4月25日(木)から、長崎県内の特定有…

続きを読む

こんぴら歌舞伎への思いも 香川県琴平町の旅館、琴平グランドホテル会長の近兼孝休氏がこのほど、回顧録「夢の実現に向かってこんぴらさんと共に歩んだ旅館業人生―四国こんぴら歌舞…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube