大阪・関西万博、 公式キャラクターデザイン最優秀作品が決定

  • 2022年3月29日

 2025年日本国際博覧会協会は22日、大阪・関西万博の公式キャラクターデザイン最優秀作品が決定したと発表した。

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は、本日2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の公式キャラクターデザインの最終選考委員会を開催し、最優秀作品を決定しました。

今後、本作品を、2020年8月に決定した公式ロゴマークに続く、もうひとつの大阪・関西万博のシンボルとして、大阪・関西万博の更なる周知と機運の醸成に広く活用するとともに、世界中から愛され、親しみを持たれるキャラクターとして育てていきます。

本作品は、2021年11月1日(月)から12月1日(水)の間にご応募いただいた1,898作品の中から選ばれました。

当協会は、2022年3月2日(水)に、各選考過程を経て選ばれた最終候補作品3作品を発表しました。そして、同3月2日(水)から10日(木)まで実施した最終候補作品に対する意見募集には、40,704件のご意見をいただきました。本日の最終選考委員会では、皆様から寄せられた各最終候補作品へのご意見を参考にしながら選考を行い、最優秀作品を選出しました。

 

 

■最優秀作品 候補C    

 

制作意図:

ロゴマークをそのままキャラクターに出来ないかな?というアイデアから生まれました。「水の都」の水と一緒になることで、姿を変えられることをコンセプトに、ロゴマークをパーツに分けて、色々な形のキャラクターを考えてみました。生き生きとしたロゴマークのイメージを損なわない様に心がけました。

 

特徴:

このキャラクターに定まった形はありません。メインのデザインはあくまで形のひとつ。赤い部分は分裂し、青い部分は自在に形を変える。定まることはありません。万博に関わる全ての人々、一人一人の頭の中で、キャラクターは色々な姿に変化してゆきます。だからこそ、その形は、今の多様性の世の中から善き未来の姿をうつし出すことを願っています。

 

ロゴマークとの関係性:

生きているロゴマークは、ずっと「変わりたい」と願っていました。ある時、清い水と出会ったことで、色々な形に姿を変えることが出来る様になりました。その時から、ロゴマークはこのキャラクターと、ひとつになりました。ロゴマークは「なりたい自分になる」そう願いながら日々、より善き姿を求めて変化しています。想像する力がある限り、変化の可能性は無限大です。

 

グループ名:mountain mountain(マウンテンマウンテン)
作者(代表者):山下 浩平(やました こうへい)
生年:1971年
職業:デザイナー・絵本作家

 

■優秀作品(エントリー順)  

・候補A

作者:橋本 浩彰(はしもと ひろあき)
生年:1974年
職業:イラストレーター

 

・候補B

作者:吉﨑 ゆみ(よしざき ゆみ)
生年:1968年
職業:クリエイター

 

※その他、選考過程や意見募集(まとめ)等については、キャラクターデザイン公募サイトをご参照ください。

 

・キャラクターデザイン公募サイト:https://character.expo2025.or.jp/

 

■公式キャラクターデザインに関する問合せ

2025年日本国際博覧会キャラクターデザイン公募事務局

メールアドレス:character_expo2025@ddcontact.jp

 

(参考) 

■審査選考フロー

キャラクターデザイン選考委員

・座長
原 研哉    (グラフィックデザイナー)

・選考委員
井口 皓太   (映像デザイナー/クリエイティブディレクター)
石川 和子   (一般社団法人日本動画協会 理事長)
江口 あつみ  (江崎グリコ株式会社 執行役員 経営企画本部 コーポレートコミュニケ

ーション部長)
齋藤 精一   (パノラマティクス主宰 クリエイティブディレクター PLLクリエイター)
シマダ タモツ (グラフィックデザイナー)
五月女 ケイ子 (イラストレーター/エッセイスト)
中川 翔子   (歌手・タレント)
畠山 陽二郎  (経済産業省 商務・サービス審議官)
堀井 雄二   (ドラゴンクエスト ゲームデザイナー)
守屋 貴行   (Aww,NION 代表取締役/プロデューサー)

 

デザイン審査 審査員

上西 祐理   (アートディレクター/グラフィックデザイナー)
金田 享子   (公益社団法人日本サインデザイン協会 常任理事)
工藤“ワビ”良平 (アートディレクター)
関本 明子   (グラフィックデザイナー/アートディレクター)
田中 里沙   (事業構想大学院大学 学長、宣伝会議 取締役)
永井 一史   (公益財団法人日本デザイン振興会 理事)
中村 至男   (グラフィックデザイナー)
野村 辰寿   (アニメーション作家、多摩美術大学 グラフィックデザイン学科 教授)
原田 祐馬   (デザイナー)
平井 りゅうじ (大阪芸術大学 キャラクター造形学科 教授)
三木 健    (グラフィックデザイナー)
吉岡 恵美子  (キュレーター、京都精華大学 副学長)
和田 敏克   (アニメーション作家、東京造形大学 アニメーション専攻 教授)

※選考委員、審査員とも、五十音順、敬称略

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram