外国人宿泊比率10%に 日本旅館協会、統計調査で初の2桁

  • 2019年2月8日

 日本旅館協会はこのほど、会員旅館に営業状況などを聞いた2018年度版の統計調査の結果をまとめた。集計データの最新年度は17年度。17年度の年間宿泊人員に占める外国人の割合は前年度比0.7ポイント増の10.2%に達し、初めて2桁を記録した。

 日本旅館協会は、日本観光旅館連盟と国際観光旅館連盟(国観連)の統合で12年10月に発足したが、この統計調査は国観連で実施されていたものに調査項目などの変更を加えながら継続されている。18年度版統計調査の回答数は旅館231軒。

 外国人宿泊比率は、12年度が3.4%、13年度が4.5%、14年度が7.0%、15年度が7.3%、16年度が9.5%だった。訪日外国人旅行者数が13年(暦年)に1千万人を突破、17年(同)に2869万人に達するなど増加したことに伴い旅館の外国人宿泊比率も上昇している。

 17年度の外国人宿泊比率を客室規模別に見ると、大規模(100室以上)が前年度比0.1ポイント増の11.2%、中規模(31~99室)が同0.9ポイント増の8.1%、小規模(30室以下)が同2.9ポイント増の14.0%だった。小規模は15年度以降、大規模は16年度以降、10%を超えている。

 地域別の17年度外国人宿泊比率は回答数、地域差から統計精度を考慮する必要があるが、北海道が24.0%、四国が12.6%、関西が12.5%、九州が12.1%と高い。また、外国人宿泊人員の国・地域別比率は、中国、韓国、台湾、香港の東アジア4市場で全体の78.8%に達した。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram