外国人の国立公園訪問、前年比10%増

  • 2018年5月7日

 環境省の調べによると、2017年に国立公園を訪れた外国人旅行者数は約600万人で、前年に比べ約10%増えたことが分かった。

 観光庁の訪日外国人消費動向調査や日本政府観光局の訪日外国人旅行者数のデータをもとに集計した。

 もっとも利用者数が多かったのは「富士箱根伊豆」で258万人。2位の「阿蘇くじゅう」(92万6千人)、3位の「支笏湖」(90万1千人)を大きく引き離し、断トツの人気を誇っている。

 国立公園は全国に34あるが、満喫プロジェクトで先行的に取り組みを進めることにしている8公園(阿寒摩周、十和田八幡平、日光、伊勢志摩、大山隠岐、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、慶良間諸島)の合計は約149万人となり、同29%増加した。

 同省は、国立公園の訪日外国人利用者を2020年までに1千万人にする「国立公園満喫プロジェクト」を推進しており、目標達成に向け、受け入れ環境の整備や海外への魅力発信を進める方針だ。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら