夏休みの旅行、日数増やし遠方へ JTB調査

  • 2022年7月23日

 JTBは7日、夏休み(7月15日~8月31日)の宿泊旅行動向の見通しを発表した。国内旅行人数は前年比75.0%増(2019年比3.3%減)となる7千万人、国内旅行平均費用は同7.6%増(2.7%減)の3万5500円、総額2兆4850億円と推計する。「この夏の旅行は、日数を増やし、遠方に旅行する傾向が昨年より強まる」とJTB。

 アンケート調査によると、今年の夏休みに旅行に「行く」と回答した人は36.1%で前年から14.7ポイント増加。2019年は38.0%だったので、旅行意向はコロナ禍前に近づいている。性年代別でみると、男女とも若い年代ほど旅行意向が高くなる傾向がみられる。

 旅行に行かない人の理由は、最も多かったのが「夏休み期間は混雑するから」(29.3%)、次が「家でのんびりしたいので」(25.0%)となった。また「新型コロナウイルス感染症がまだ収束していないから、拡大の懸念があるから」は24.8%と、前年から39.7ポイント減と大きく減少した。

 観光キャンペーンについては、「利用できるなら旅行したい」が13.8%、「観光キャンペーンの実施に関係なく、旅行したい」は9.0%となった。

 旅行日数は「1泊」(35.7%)が最も多いが、前年から6.2ポイント減少。一方で「2泊」(33.1%)、「3泊」(18.3%)は3.5ポイント、3.0ポイントそれぞれ増加し、旅行日数は長くなる結果となった。

 海外旅行人数は、前年比455.6%増(19年比83.0減)の50万人程度と推計する。JTBの海外企画商品での人気方面は、1位ハワイ、2位シンガポール、3位グアムとなっている。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram