夏休みの人気旅行先、今年も北海道トップ JATA調べ

  • 2019年7月21日

 日本旅行業協会(JATA)は、会員旅行会社を対象に夏休みの人気旅行先調査を実施し、その結果を2日に発表した。国内旅行は北海道が6年連続でトップだった。

 2位が沖縄、3位が東京(TDR含む)で、以下、大阪、九州と続いた。これらトップ5の順位は昨年とまったく同じ。

 旅行会社のコメントを見ると、北海道は「季節的に過ごしやすく人気が高い」「例年、夏に向けて安定して人気がある」「LCC利用による価格がお値打ちになっている」という。沖縄は「隣島滞在かつ比較的デラックスホテル宿泊希望が増えている」「新空港ができた宮古島の問い合わせが多い」。また東京、大阪に関しては「TDR、USJの需要が高い」という。

 海外旅行の人気旅行先は1位ハワイ(昨年2位)、2位台湾(同1位)、3位タイ(同3位)、4位シンガポール(同5位)、5位ベトナム(同6位)がトップ5となった。ハワイは「ファミリーに人気のハワイは各地からチャーター便も出ており、大型ジャンボ就航でメディアの露出が多く需要喚起につながっている」。

 調査は会員会社の経営者や旅行担当者などに対し5月20日~6月7日、インターネットで実施した。回答数は312社。

関連する記事

楽天(三木谷浩史代表取締役社長兼会長)は7月31日から8月3日の4日間、楽天グループとして過去最大規模のイベント「RakutenOptimism2019」を横浜市のパシ…

続きを読む

大阪と韓国・釜山を結ぶ定期客船パンスタードリーム号を扱うサンスターライン(大阪市中央区・野瀬和宏社長)は、創立20周年記念企画の第3弾を発表した。20歳限定で、大阪―釜山…

続きを読む

日本航空(JAL)、全日本空輸(ANA)は2020年、成田―ウラジオストク(ロシア)線をそれぞれ就航する。JALは来夏から開設し、夏ダイヤ中は毎日運航する。ANAは来年3…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube