堺市と鉄道3社が手を組み、エコ観光推進

  • 2009年6月13日

エコ観光の推進に向けて木原敬介・堺市長(写真右から2人目)と鉄道会社のトップが握手

エコ観光の推進に向けて木原敬介・堺市長(写真右から2人目)と鉄道会社のトップが握手

 大阪府堺市とJR西日本、南海電鉄、阪堺電気軌道は4日、鉄道と散策、サイクリングを組み合わせたエコ観光推進プロジェクト「堺eco観光」をスタートさせた。堺市と市内を走る鉄道事業者が連携し、CO2排出量の少ないエコな鉄道の旅と、堺市の地場産業である自転車、近年人気の歩く観光を組み合わせた観光を推進する。

 JR堺市駅から仁徳陵古墳などの古代遺跡を巡り南海中百舌鳥駅にゴールする散策コース「古代編」、南海七道駅から戦国・安土桃山時代の旧跡を巡り、JR百舌鳥駅でゴールする散策コース「中近世編」、南海堺駅から市内の主な観光名所を巡りJR百舌鳥駅にゴールするサイクリングコースの3コースを新たに設定した。

 各コースの発着駅や主要駅、市内の観光案内所などに「駅からecoマップ」を設置する。マップの持参者には、レンタサイクル料の割り引き、観光スポットの入館料や拝観料の割り引きなど特典も用意する。

 堺市博物館などの定点でガイドを拡充させていくほか、堺が発祥とされる線香や打ち刃物、金平糖などを堺ならではの土産品として新商品の開発に取り組む。

 エコ観光推進プロジェクトでは今後、旅行会社との連携を図っていくほか、体験学習や産業観光などの新しい観光素材の開発にも取り組んでいく。

 堺市は06年4月に政令指定都市への移行後、観光振興に力を入れている。今年1月には国の環境モデル都市に認定され、CO2削減など環境活動にも積極的に取り組んでいる。

エコ観光の推進に向けて木原敬介・堺市長(写真右から2人目)と鉄道会社のトップが握手
エコ観光の推進に向けて木原敬介・堺市長(写真右から2人目)と鉄道会社のトップが握手
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram