地球の歩き方 訪日外国人向け旅行情報サイト「GOOD LUCK TRIP(好運日本行)」、2022台北国際旅行博(ITF2022)に出展

  • 2022年12月6日

 地球の歩き方は、訪日外国人向け旅行情報サイト「GOOD LUCK TRIP(好運日本行)」で2022台北国際旅行博(ITF2022)にブース出展した。

株式会社学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社地球の歩き方(東京・品川/代表取締役社長:新井邦弘)は2022年11月4日(金)~11月7日(月)に開催された2022台北国際旅行博(ITF2022)に出展。運営メディアである、訪日外国人向け旅行情報サイト「GOOD LUCK TRIP(好運日本行)」としてブースを出展し、来場者に旅行意識の調査を行いました。4日間で計1430件の回答を得ることができました。

 

 

地球の歩き方 GOOD LUCK TRIP(好運日本行)ブースの様子地球の歩き方 GOOD LUCK TRIP(好運日本行)ブースの様子

  • 調査結果の主なポイント

回答者の約8割が訪日リピーター。過去の訪日経験は1~5回が最多(41%)であった。

日本への旅行について
・日本への旅行再開時期は、約8割以上が1年以内と回答。
(2022年内が19%、3ヵ月~半年以内が41%、1年以内が23%)
・日本の桜の知名度、花見への関心度は、95%と非常に高い。
→旅行時期の検討状況からも、2023年春頃の来日が期待できる。

情報収集について
・旅先の情報収集時期は、出発の3ヵ月前を中心に票が集まる結果に。最多は1~3ヵ月前の29.2%。
・旅先決定においては、口コミ投稿や、インフルエンサーによる情報の影響を受けている。
・一方で、旅先を決めた後の情報収集では、「旅行情報サイトで調べる(38.3%)」が最も多く、次いで「ウェブのキーワード検索でヒットしたものを見る(27.5%)」と、能動的な検索では、ブログやSNSよりも、ウェブサイトを活用している傾向。

  • 回答者属性

性別
男性:41%、女性58.1%、未回答0.9%

年代
10代:2.5%、20代11.7%、30代19.3%、40代17.6%、
50代:8.9%、60代:9.4%、70代:11.7%、80代以上18.9%

  • 結果詳細

Q.過去の訪日経験数について

▼日本への旅行について
Q. 次の日本への旅行はいつ頃を考えていますか

…約8割以上が1年以内の訪日旅行を検討中

Q. 日本の桜(花見)は知っていますか。花見をしたいですか

…関心度は、95%。依然として花見の認知度・需要度の高さが確認できる。

Q. 出発のどのくらい前から旅先での過ごし方、訪問先の情報収集をしますか

…最多は1ヵ月~3ヵ月前の29.2%。半年ないし1年以上前から情報収集をしている人もいるため、1~2シーズン先の情報を発信できていると訪問先に選ばれる可能性が高まる。

Q. 訪問先を選ぶ際に、口コミ投稿を参考にしますか
→回答者の94%が参考にしているという結果に。

Q. インフルエンサーが発信している情報を見て、旅先を決めますか
→約7割の方が旅先選定において、インフルエンサーによる影響を受けていると回答。

Q. 旅先を決めた後の情報収集活動について当てはまるものを教えてください(最大3つまで)

…旅先を決めた後の情報収集では、「旅行情報サイトで調べる」が最も多く、次いで「ウェブのキーワード検索でヒットしたものを見る」という結果となり、能動的な検索ではブログやSNSよりも、ウェブサイトを活用している傾向が確認できた。

  • おわりに

昨対比172%の来場者数となったITF2022では、台湾から日本への旅行への関心度の高さが伺えた。

▼桜シーズンが訪日旅行の復調時期か
来場者のアンケート結果からは、約4割の方が2023年2月までに訪日旅行をしたいと回答しており、春頃まででは全体の半数を超える結果となった。桜(お花見)に対する関心・意欲も高く、桜シーズンの来訪も十分に期待できる。旅行情報収集の時期を尋ねた調査結果からも、現段階で多くの方が旅行情報取集フェーズにあると考えられる。そのため、訪日台湾人旅行者に向けての情報発信は、今が適期と言える。

▼能動的な情報収集ではウェブ検索も重視
旅行先決定後の詳細な情報収集において、旅行情報サイトが最も活用されていることが確認できた(アンケート回答者の約4割)。次いで、検索エンジンでのキーワード検索が挙げられたことに着目したい。ブログ・SNSの活用も見られたが、能動的な検索においてはウェブサイトが重要視されていることがわかった。口コミ投稿の参照や、インフルエンサーの影響による旅先決定の際に、その旅先としてのキーワードの一貫性や、メインスポットとなるキーワードを把握した上での魅力的な関連施設としての情報発信が求められている。

  • お問い合わせ先

より詳しい回答結果やITF2022の様子にご興味のある方は、以下よりお問い合わせを受け付けております。

●地球の歩き方(GOOD LUCK TRIP)お問い合わせフォーム
https://www.gltjp.com/ja/service/#contact
※その他を選択し、「ITF2022レポート希望」とご記入ください

  • ご案内

株式会社地球の歩き方は、訪日旅行者向けの多言語旅行情報サイトを運営しています
~年度内のインバウンド向け情報発信も間に合います!ぜひご相談ください~

この度、ITF2022に出展した「GOOD LUCK TRIP(好運日本行)」は、アンケート回答者の約7割の知名度(※)を獲得しています。※以前より知っていたか、という問い
URL:https://www.gltjp.com/ja/

主な特徴
●日本全国4500スポット以上の情報を掲載
●一度に英語・中国語繁体字・中国語簡体字・日本語での情報発信を実現
●ネイティブによる翻訳で、正しく読みやすい文章
●一般ユーザーや公認レビュワーからの口コミ投稿機能も保有
●Google検索で上位表示を実現
●お申込みから最短1ヵ月で掲載可能。桜の季節にも間に合います!

———————————————————
アンケート調査実施期間
・2022年11月4日~2022年11月7日
・2022台北国際旅行博の出展ブースにて告知、フォーム(選択式、自由記入)による回答
・回答者数:1430名(男性587名 女性831名 無回答12名)
———————————————————

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram