地域経済活性化支援機構と日本観光振興協会が協定 

  • 2019年6月25日

観光遺産活用へ連携・協力

地域経済活性化支援機構(機構)と日本観光振興協会は17日、文化財をはじめとする文化遺産や国立公園にある自然遺産など「観光遺産」を生かした地域経済活性化モデルの構築などを目的に、包括的連携協定を結んだ。

観光遺産活用のため、(1)インバウンド消費拡大に向けた観光による地域経済の活性化(2)遺産の保存と活用の好循環を創出する仕組み作り―などに連携、協力して取り組む。

事業推進にあたっては、機構のファンド運営子会社「観光産業化投資基盤」が無限責任組合員となって組成する予定の「観光遺産産業化投資事業有限責任組合」(仮称)を活用する。

 

関連する記事

国土交通省は3日、北海道内の7空港を一括して運営する民間委託先として、北海道空港会社などで構成する企業コンソーシアム、北海道エアポートグループを優先交渉権者として選定した…

続きを読む

総務省の労働力調査によると、今年5月の完全失業率(季節調整値)は2.4%で、前月と同率だった。 このうち男性は2.5%で前月と同率。女性は2.2%で前月比0.1ポイント…

続きを読む

旅館ホテルの事例を掲載 厚生労働省がこのほど作成した「生活衛生関係営業の生産性向上を図るためのマニュアル」に、旅館・ホテル業の取り組み事例が掲載されている。「固定観念を打…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube