国際観光日本レストラン協会、訪日外客増に貢献誓う

  • 2018年2月11日

 国際観光日本レストラン協会(尾川欣司会長)と同協会関東支部(志村久弥支部長)は1月18日、東京・白金台の八芳園で新年賀詞交歓会を開いた。来賓や友好関係団体を含め約140人が出席した。

 冒頭あいさつした尾川会長は、昨年の訪日外国人旅行者が2869万人に達したことを「夢のような数字」と評価。その上で、「日本に来て良かった、おいしいものを食べた、という満足感をもって帰ってもらって、また(日本に)行きたいと思ってもらうのが大事。これがないと数字は伸びない」と述べ、食を提供する会員の活躍に期待した。

 来賓として国土交通省の秋元司副大臣、観光庁の秡川直也審議官が出席。秋元氏は「旅の楽しみに食文化に触れることがある。和食をはじめとする日本の食は素晴らしく、日本に来る動機の一つになっている」と指摘し、協会の活動に敬意を表した。

 秋元氏はナイトタイムエコノミー(夜遊び経済)の活性化に取り組んでいるが、「夜の利活用は外国人旅行者の満足心を高める意味でも重要だ。食とエンターテインメントがコラボし、新しい観光資源を作ってほしい」と呼びかけた。

 乾杯の音頭は日本政府観光局(JNTO)の松山良一理事長。「外国人旅行者のトレンドは個人化と、長期滞在していろんなことを体験すること。中でも日本食を食べてみたいと思う人は多く、非常に重要なコンテンツとなっている」とあいさつし、杯を掲げた。

関連する記事

JTB総合研究所は7日、旅行事業者向け教材「障害者差別解消法eラーニング」の2018年度の販売を開始した。 特に合理的な対応が求められる「コールセンター業務」「カウンタ…

続きを読む

帝国データバンクによると、今年4月の旅行業者の倒産(負債1千万円以上の法的整理)は1件、負債総額は1千万円だった。件数は前月と同数。前年同月比2件減少(66.7%減)した…

続きを読む

東京メトロは、「フィリピン国フィリピン鉄道訓練センター設立・運営能力強化支援プロジェクト」を受注した。 東京メトロ(本社:東京都台東区 社長:山村明義)は株式会社オリエ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

東京スカイツリー・日台観光友好交流5周年「台湾観光フェア」