国際観光振興法改正で基本方針を策定 旅客税や広域協議会

  • 2018年11月7日

 国際観光振興法の改正に伴い新たな基本方針が策定され、10月17日に施行された。来年1月7日に出国者からの徴収を開始する国際観光旅客税の観光施策への財源化、地方へのインバウンド誘客に向けた広域的な協議会の組織などに関する基本方針が定められた。

 国際観光旅客税に関しては、観光立国推進閣僚会議が昨年12月に決定した「国際観光旅客税の使途に関する基本方針等について」と同じ内容。財源の充当分野は、(1)ストレスフリーで快適に旅行できる環境の整備(2)わが国の多様な魅力に関する情報の入手の容易化(3)地域固有の文化、自然などを活用した観光資源の整備などによる地域での体験滞在の満足度向上。

 また、新財源を充当する施策は、既存施策の財源への穴埋めではなく、(1)負担者の納得が得られること(2)先進性が高く、費用対効果が高いこと(3)地方創生など重要な政策課題に合致すること―を基本に、「硬直的な予算配分とならず、毎年度洗い替えが行えるよう、民間有識者の意見も踏まえつつ検討を行い、予算を編成する」と定めた。

 地方への誘客促進では、広域的な連携が必要として、複数の関係都道府県、地方運輸局、広域連携DMOなどで構成する協議会を組織することを可能にした。協議会は、観光庁長官の同意を得て、受け入れ態勢の整備などの方針を定めた外客来訪促進計画を作成できる。

 この他、公共交通事業者に求める外国人観光客の利便増進措置などの基本方針を定めた。

関連する記事

総務省はこのほど、サービス産業動向調査の8月分速報を公表した。同月の宿泊業(旅館・ホテル、簡易宿所、下宿業)の売上高は5745億1400万円で、前年同月比1.4%減と、4…

続きを読む

政府は3日までに、秋の叙勲、褒章の受章者を発表した。国土交通省分の観光関係では旅行業、宿泊業で5人、厚生労働省分の生活衛生関係では宿泊業で3人が受章した。この他に国交省分…

続きを読む

厚生労働省は6日までに、2017年度の旅館・ホテルの営業施設数と客室数をまとめた。それによると、今年3月末現在の旅館軒数は3万8622軒で、前年度と比べ867軒減となった…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube