国際カンファレンスWiT JAPAN、国内外からOTA関係者ら530人参加

  • 2019年7月16日

左から、じゃらん宮本氏、一休榊氏、楽天トラベル髙野氏、JTB盛崎氏

 OTAの国際カンファレンス「WiT JAPAN&NORTH ASIA」が4、5日の2日間、東京都目黒区のウェスティンホテル東京で開かれた。国内外から、OTA、エアライン、ホテルなどウェブトラベル関係者ら530人が参加した。WiTはウェブ・イン・トラベルの略称。2012年に開始し、今年で8回目の開催となった。

 4日の国内OTAセッションには、JTB執行役員Web販売部長の盛崎宏行氏、楽天執行役員コマースカンパニートラベル事業長の髙野芳行氏、一休代表取締役社長の榊淳氏、リクルートライフスタイル執行役員領域担当の宮本賢一郎氏の4氏が登壇。WiT JAPAN&NORTH ASIA共同創設者でベンチャーリパブリック代表取締役社長の柴田啓氏がモデレーターを務めた。

 「2018年の成長率は2017年を上回ったか」という質問には、一休とじゃらん(リクルートライフスタイル)が「イエス」と回答。「今年2019年の成長率の見込み」については、一休が「20%以上」、楽天トラベルが「10%以上」、JTBとじゃらんが「0~10%の間」と答えた。

 「モバイルのウェブトラベルの分野で、自社を除いて今後最も成長しそうなブランドを三つ挙げてほしい」という問いには、JTBが「モビリティの観点からJALとANA、ペイメントの観点からDトラベル」と回答。楽天トラベルは「インバウンドに強いブッキングドットコム、エクスペディア、シートリップ」、一休は「OYO、楽天トラベル、じゃらん」、じゃらんは「アップル、グーグル、アマゾン」とそれぞれ回答した。

 「エクスペディア、ブッキングドットコムなどの世界ブランドOTAとインバウンド分野で競争していく上で、自分たちの強みは何か」に対しては、各社が次のように話した。JTB「コンテンツ力、宿泊商品の数とバリエーション」▽楽天トラベル「日本全国の宿泊施設との連携、強いつながり」▽一休「インバウンド宿泊予約は行っていないが、インバウンド客向けレストラン予約への参入を今後検討したい」▽じゃらん「日本国内の宿泊在庫数と契約施設数。海外の販売代理店ネットワーク」


左から、じゃらん宮本氏、一休榊氏、楽天トラベル髙野氏、JTB盛崎氏

関連する記事

成田空港は、全ターミナルで「Smart Check-in」を今夏から順次開始する。 成田空港では、今夏から全てのターミナルに順次、自動手荷物預け機が本格導入されることにあ…

続きを読む

プリンセス・クルーズは6日、ワイン・スぺクテーター誌の2019アワード・オブ・エクセレンスを受賞したと発表した。 プリンセス・クルーズは、メイン・ダイニングにおいて素晴…

続きを読む

バリアフリーの能公演で視覚障がい者サポート KNT―CTホールディングス(HD)は7月31日、東京・国立能楽堂で初開催するバリアフリー対応の能の公演「ESSENSE能」に…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube