国際オートラリーで交流 ロシアのアナトリー氏が観光経済新聞社を訪問

  • 2018年10月20日

鳥取県での歓迎式典では平井伸治知事(左から2人目)と記念撮影

 日本とロシアを結ぶ交流行事として、ロシア・モスクワから東京までをキャンピングカーで移動しながら、文化交流などを行うイベント「第2回国際オートラリー」が5月26日から10月6日にかけて開催された。主催は、芸術写真家の地域間社会団体「海のアートクラブ」。オートラリーに参加するロシアのヴァシーリエフ・アナトリー氏らが1日、東京・台東区の観光経済新聞社を訪れ、国際オートラリーの取り組みを紹介した。

 国際オートラリーは、モスクワから東京までの1万7千キロを移動するイベント。中継地点となる各都市で、国や自治体、社会団体、文化、スポーツ、科学、ビジネス、マスコミ関係者らの参加を得ながら、文化的、教育的な活動を実施し、持続可能な発展のための課題、日露関係の強化、ロシアの肯定的なイメージの創造に取り組む。

 アナトリー氏一行は、ロシア・ウラジオストクから日露間をつなぐ唯一の定期貨客船を利用し、9月21日に鳥取・境港国際旅客ターミナルに到着。最初に立ち寄った鳥取県では、歓迎式典への参加やキャンピングカーで移動しながら鳥取砂丘など観光地の撮影、県内で写真展開催による地域住民との交流などを行った。鳥取のほか、京都、福井、東京、静岡(富士)に立ち寄った。

 アナトリー団長は「日本は景色、文化など素晴らしい国。移動して体験した観光資源をロシアに紹介する。ラリーを通じて両国の関係強化へと貢献したい」と語った。


鳥取県での歓迎式典では平井伸治知事(左から2人目)と記念撮影

関連する記事

日本政策金融公庫はこのほど、直近1年間に日本への観光旅行をした中国、韓国、台湾の人々に訪日旅行に関するアンケート調査を行った。前回の訪日旅行で利用した宿泊施設を複数回答で…

続きを読む

山形県村山市は、訪日外国人旅行者を対象とした居合道体験観光プログラムを作った。10月26日には同市の村山居合振武館で香港、ペナン、フランス、オランダからの留学生や訪日客ら…

続きを読む

日英バイリンガルメディア「タイムアウト東京」は、外国人向けの人気ガイドマップ「渋谷でしかできない101のこと」(英語版・無料)第10版をリリースした。 2012年より毎年…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube